女性の昇進意欲 年収など管理職の魅力伝え、背中押す東京大学大学総合教育研究センター 中原淳准教授インタビュー(後編)

東京大学の中原淳准教授

「女性活躍推進」の中でも特に大きな課題となっているのは、仕事と育児の両立です。ワーキングマザーの数は年々増加しており、「長く働き続けたい」という意欲を持っています。男性の年収が伸び悩む中で、「経済的にも働きたい」人も増えている。ところが、仕事と育児の両立はそう簡単なことではなく、約7割のワーキングマザーが「両立できていない」と感じています。いわゆる「ワンオペ育児」に悩む人も少なくありません。本来、夫婦でうまく分担して「ワンオペ育児」を「チーム育児」に転換しなくてはならないのですが、それがままならない状況があるのです。

ワーキングマザーたちが育児をしながら、仕事で着実に成果を出していくには、どのようなことが必要なのでしょうか。前編の「女性の意識が低いは嘘! 『昭和の価値観』が最大の壁」に引き続き、東京大学大学総合教育研究センターの中原淳准教授にお話を伺いました。

女性社員が昇進意欲を持つには

白河桃子さん(以下、敬称略) 今回の調査発表に引用されていましたが、「みんなのウェディング」が2014年に実施した調査によると、女性が結婚後も働きたい理由の第1位が「収入を得たい」で、64.5%も占めていることが意外でした。17.7%は「社会とつながりを持ちたい」と思っています。女性の意識がこのように変わってきたことは、素晴らしいと思います。

出典:『みんなのウェディング×うるる「結婚後・出産後の働き方」に関する調査』(2014年)

中原 この数字の中には「働きたい」という思いと、「働かざるを得ない」という状況が混在しているような気がします。年功序列が見直され、成果に応じた給与制度が広がっていますから、男性も役職が上がらないと収入が増えなくなったことが大きいでしょう。また、非正規雇用の割合が増えたこともあります。この意味では、女性は「働かざるを得ない」状況にあるとも言えますね。ただ100%「働かざるをえない人ばかり」かというと、そうでもない。その中には「自分の仕事で食べていきたい」とか「社会と接点を持ちたい」という思いも混在するのではないでしょうか。

ちなみに、公的な賃金調査によると、女性が実務担当者の場合、年収は平均で約460万円。リーダーに昇進すると、約600万円です。150万円ほども差があります。同じ職場で長く働き続ければ、当然のことながら、後輩社員の指導や部下の管理をする役割を担います。すると、年収も増えていきますよね。今後、女性の平均年収は上がっていくと思います。

白河桃子さん

白河 ただ、今回の調査結果を見ますと、多くの女性は自ら希望して管理職になったのではなく、上司に説得されることが必要だということですよね。やはり、女性は「昇進するのが普通だ」とは思っていないのではないでしょうか。

出典:トーマツ イノベーション×中原淳 女性活躍推進研究プロジェクト (2017)「女性の働くを科学する:本調査」(https://www.ti.tohmatsu.co.jp/npro/2017/)

中原 先行研究でも、我々の調査でも確認できていることですが、リーダーや管理職に昇進した女性には「じゃま」が入ることや「妬み」を買われることがあります。そういうものを考えると、やはり管理職に昇進するときには、それなりの「覚悟」が必要なのではないでしょうか。ちなみに、今回の調査は、実務担当者、リーダー、管理職と3つの職位に分けています。女性の昇進意欲は、リーダーと管理職との間にはそれほどギャップはありませんでしたが、実務担当者とリーダーの間には明確な差があった。ここに「大きな谷」が存在するのです。いったんリーダーになってしまった人が、管理職になることには、まだギャップは少ない。しかし、実務担当者からリーダーに昇進するときには、それなりの覚悟がいるということですね。

女性社員に管理職への意欲を持ってもらうには、入社後、さまざまなかたちで、自分の仕事や働き方について考えてもらう時間も必要でしょう。昇進すればどれほどの収入が得られるのか、長い間働き続けるためにはどのようなスキルや能力が必要なのか、将来のキャリアに関する正しい見通しを示していくことが必要でしょう。

注目記事
次のページ
働く母には長時間労働の是正が必須