「萌え断」もコツいらず ホットサンドメーカー6選

日経トレンディ

日経トレンディ

日経トレンディ編集部が選ぶ「日用品・文房具グランプリ」。ホットサンドメーカーでは6製品をノミネートした。ホットサンドメーカーを買っても、用途が限られて飽きるという声がある。そこで調理道具に詳しい料理家の祐成二葉氏に、味はもちろん、「毎日使いたくなる」という視点でノミネートした商品を試してもらった。

グランプリに選んだのは「ホットサンドベーカー」(アサヒ軽金属工業)。理由は、「具を分厚く挟んでジューシーに仕上げることができる」点。おかずや野菜をたっぷり挟めて、これ1つで朝食が完結する。メニューの幅が広がり日常使いできる。きれいな断面の写真をSNSで公開する「萌え断」にも向く。

定番の扱いやすさ、左右で同時調理も

バウルー サンドイッチトースター ダブル(イタリア商事)
実勢価格5400円(税込み)
バウルー サンドイッチトースター ダブル(イタリア商事)

70年代に日本で生まれ、近年のブームをけん引する商品。「ダブル」は、内面が2つに仕切られ、中央とパンの耳が程よく圧着。具もくっつきにくくて洗いやすく、420gと軽量な点もいい。「左右で違う具を挟む、違う食材を同時調理するなど、用途が広い」(祐成氏)

片方で具、もう一方でパンを焼くこともできる
表面が香ばしく焼ける

「萌え断」サンドがコツいらずでおいしく

ホットサンドベーカー(アサヒ軽金属工業)
実勢価格7452円(税込み)
ホットサンドベーカー(アサヒ軽金属工業)

40年ぶりの復刻品。カーブした形状で中が広く、具をたっぷり挟んで断面がおいしそうな「萌え断」サンドが作れる。内面はフッ素樹脂加工で、油なしで卵を焼いてもこびり付かなかった。「これ1つでバランスのいい食事が作れる。火加減が難しくないのもいい」(祐成氏)

コロッケ1個とキャベツ40gが余裕で挟める大きさ
ジューシーに焼けた

使いこなせればプロの味に

ホットパン(家事問屋)
実勢価格1万2960円(税込み)
ホットパン(家事問屋)

IH対応で、1130gと重め。内面の二重構造になった縁が、パンの耳をがっちり圧着させ、カリッと仕上げる。中の水分が飛び過ぎず、中は軟らかく焼けた。「じか火では焼きムラが出やすく、具の分量が中央のくぼみを満たさないと、挟むときにパンがずれるので慣れが必要」(祐成氏)

コロッケ1個+キャベツもふんわり挟めた
IHだと程よい焼き目になる

キルト状の焼き目がきれいに付く

プレスサンドメーカー キルト(レコルト)
実勢価格4320円(税込み)
プレスサンドメーカー キルト(レコルト)

電気式のホットサンドメーカー。じか火式のように焼き加減を気にする必要もなく、自動で加熱が止まる点が便利。全体にキルト状の焼き目が付き、ギュッと薄くプレスされカリッとした食感になる。「具はたくさん挟めないが、誰でもカフェのような仕上がりに焼ける」(祐成氏)

ハンドルロック位置はサンドの厚みによって3段階に調節可。マフィンも焼けた

電子レンジ調理でもしっかり焼き目

ベイクイット!(スイスダイヤモンド)
実勢価格4104円(税込み)
ベイクイット!(スイスダイヤモンド)

電子レンジ使用の手軽なタイプだが、こんがりと焼き目が付く。しかし、電子レンジ加熱ではパンの水分がじか火よりも飛びやすいため、冷めると耳が硬くなりがち。「水分のある野菜を挟む、パンの表面にバターを塗るなど水分が飛ばない工夫をするとおいしくなる」(祐成氏)

シリコーン製の留め具は伸縮し、やや厚めの具や6枚切りのパンが難なく挟めた

魚焼きグリルで調理可能

レイエ グリルホットサンドメッシュ(オークス)
実勢価格3780円(税込み)
レイエ グリルホットサンドメッシュ(オークス)

魚焼きグリルを使用するユニークな商品。回りがムラなく圧着し、中央のくぼみで厚みのある具を受け止める。網状で、焼き具合を確認しやすく、全体的にこんがり焼けるが、「魚焼きグリルは短時間で高温になるので、火加減が重要」と祐成氏。オーブントースターでも使える。

中央にくぼみがあり、具は分量が必要。ハム&チーズだとパンがずれた

(日経トレンディ編集部)

[日経トレンディ2017年9月号の記事を再構成]

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧