浅野忠信 台本が面白くなかったら「よし、やろう!」

20代の頃にミニシアターブームを象徴する存在となり、30代はハリウッドなどの海外作品でも活躍。43歳の今年は、民放連ドラに出演して注目を集めた浅野忠信。日本を代表する「映画俳優」の歩みと、現在の境地とは。

1973年生まれ、神奈川県出身。90年『バタアシ金魚』(松岡錠司監督)で映画デビュー。今年はマーティン・スコセッシ監督『沈黙‐サイレンス‐』、園子温監督『新宿スワンII』にも出演。音楽活動も行う(写真:中村嘉昭)

浅野はこれまで映画をメインに活躍し、国際映画祭での受賞も多数。近年では、2014年の主演作『私の男』(熊切和嘉監督)でモスクワ国際映画祭の最優秀男優賞を受賞。15年は『岸辺の旅』(黒沢清監督)、16年は『淵に立つ』(深田晃司監督)で主演作が2年連続でカンヌ受賞して注目された。

「映画俳優」のイメージが強い浅野だが、デビューはテレビドラマだ。14歳の時、事務所の社長でもある父親の勧めで『3年B組 金八先生』(88年)に出演した。

「『金八先生』の後、映画に出たり、ドラマに出たりもしてました。でもバンドもやっていたので、『できればバンドをやりたい』と父親に言ったんです。そしたら、『俳優をやれ』と。それで『映画だけだったら』と言ったのが、映画を中心に出演するようになったきっかけです。映画の現場は本当に変わった、面白い人たちが集まっていたし、いい大人が朝まで『ああでもない、こうでもない』ともの作りをしている場は、妙に居心地が良かったんです。

90年代になると、単館系のインディーズ映画がはやって。10代の終わりに出会った岩井俊二監督がブレイクしたり、青山真治監督から初主演映画『HELPLESS』(96年)の話をいただいたり。僕も結婚して『もっと仕事しなきゃ』という時で、その流れに乗っかれたことはラッキーでした」

30代に入ると、山田洋次、木村大作といった大御所のメジャー映画にも出演。同時に海外作品でも活躍を見せる。特にチンギス・ハーン役で主演した『MONGOL』(07年/セルゲイ・ボドロフ監督)は、米アカデミー賞外国語作品賞にノミネートされて脚光を浴びた。さらに11年には、『マイティ・ソー』でハリウッド進出を果たす。

「20代の終わり頃、それまでの自分のやり方にどうにも飽きてしまって、30代は、自分が嫌悪していたオーバーな演技や、日本のメジャー作品にもチャレンジしました。そのタイミングでちょうどミニシアターが減ったりしたので、僕が切り替わってなかったら、時代に取り残されていたかもしれません。

そういうなかで、あるハリウッド大作のオーディションも受けたんです。完成した作品を見て、落ちたことには諦めがついたんですけど、オーディションに生意気な態度で臨んだ自分が気に入らなくて……。海外作品にもきちんと向き合おうと思った時にいただいたのが、『MONGOL』の話でした。

『MONGOL』が全米公開された後、あるプロデューサーの方が『もしアメリカでやりたいなら、協力する』とエージェントを紹介してくれて。そこから『マイティ・ソー』や『バトルシップ』(12年)が決まっていったんです」

テレビドラマは映画への前向きな一歩

43歳の今年、変化を感じさせたのがテレビドラマへの出演。1月期の『A LIFE~愛しき人~』で、ドラマ界をけん引してきた1歳年上の木村拓哉と渡り合った。

「『MONGOL』の撮影をしている時に、何もない砂漠の町で、小さなネットカフェを見つけたんです。入ると、子どもたちが違法ダウンロードの映画を食い入るように見て、楽しんでいた。それを見た時に、映画って素晴らしいなと思うと同時に、映画はもうアウトプットの問題じゃないんだなと思ったんです。観客と豊かにコミュニケーションを取れる作品なら、映画館だけでなく、テレビでも、ネットカフェでもいいはずだと。

だから『A LIFE』は、映画への前向きな一歩として引き受けたんです。真逆といえる木村さんと、どこまで僕が対峙できるかという興味もありました。というか、木村さんとじゃないと、僕は勝負のしがいがないわけですよ。結果、木村さんからたくさんのことを得られましたし、今後は、テレビドラマもやっていくつもりです」

エンタメ!連載記事一覧