休日もOK 伸びる、洗える、畳める高機能ジャケット特集 秋にほしい最新ビジネスファッション 後編

ストレッチ、防シワ、パッカッブルという3種類の高機能ジャケットを紹介する
ストレッチ、防シワ、パッカッブルという3種類の高機能ジャケットを紹介する

初秋を迎え、そろそろ朝晩にジャケットが必要になってきた。ジャケット単品の購入を検討するなら、オン・オフ問わず快適に使える高機能ジャケットが狙い目。そこで今回は、日常使いから旅行や出張まで活躍する「高機能ジャケット」を紹介する。

ストレッチ、防シワ、パッカブル

高機能ジャケットといっても、その種類はさまざま。ストレッチ素材で動きやすいもの、シワがつきにくくケアが簡単なもの、小さく折り畳んで持ち運べるパッカブル仕様など、多様なモデルが登場し、着用シーンやニーズに合わせて選べるようになってきている。便利な機能を備えながら、ビジネスにも対応できる上品なルックスを持つ、使い勝手がいいものが増えているのも最近の特徴だろう。

「2017年の春夏シーズン、高機能ジャケットは入荷後すぐに反響がありました。特に夏向けの機能(吸水速乾、涼しく軽い素材など)を持つジャケットは非常に問い合わせが多く、初回入荷分は瞬く間に在庫薄に。追加生産の入荷待ちというお客様もいらっしゃいました」(三陽商会 マッキントッシュ フィロソフィー PR担当 菊池智子氏)

暑い季節に活躍するイメージが強い高機能ジャケットだが、使い勝手のよさから、秋冬も人気は継続する見込みだという。その背景には、ビジネススタイルの多様化が挙げられる。

「ジャケット+スラックスのような少しカジュアルなビジネススタイルも増えたこともあり、機能性ジャケットは今では当たり前の存在になっています。上品なデザインでありながら、吸水速乾、家庭洗濯可、シワになりにくい、イージーケアなどの機能が多くのビジネスパーソンから大きな支持を得ています」(菊池氏)

機能によって、支持する層も変わってくる。防シワのジャケットは、長時間座っていてもシワがつきにくいため、特に出張の多いビジネスパーソンに人気が高い。一方、ストレッチ素材のジャケットは、動きやすくデスクワークもしやすいため、幅広い層に支持されている。

高機能ジャケットは、リピートして購入する人が多いのも特徴だという。一度着用して快適さを知ってしまうと、普通のジャケットには戻れないのかもしれない。今回は、そんな便利で快適な高機能ジャケットの注目作を紹介する。

マッキントッシュ フィロソフィー/動きやすい全方向ストレッチ

マッキントッシュ フィロソフィーの「NEW360°ストレッチジャケット」(3万6000円)※価格はすべて税抜き

高機能ジャケットブームを生み出した「トロッタージャケット」を展開するマッキントッシュ フィロソフィー。2017年7月にはストレッチ性能を高めた「NEW360°ストレッチジャケット」を発売した。2016年に登場した、全方向にストレッチ性を持つ「360°ストレッチジャケット」の新モデルとなる。

MONO TRENDY連載記事一覧