2017/9/10

食べ物 新日本奇行 classic

ピリ辛あなごぼう(大阪の原さん提供)
ご意見 先日、広島へ帰った際に忘れてはならない鞆の浦「阿藻珍味」の「ピリ辛あなごぼう」をゲットしてきました。特段激辛という訳ではありません。名前の通りピリ辛です。
 ゴボウのシャキシャキした食感を包むあなごの薩摩揚げ+ピリ辛味付け。ビールに合う合う。「うま~」の一語です(大阪の原さん)

というわけで適度な辛さの食べ物で着地した。

さて、VOTEである。赤、緑を問わず唐辛子を「なんばん」と呼ぶ地域はどこか。九州の「柚子こしょう」のように唐辛子を「こしょう」と呼ぶ地域はどこか。おおむね見当はついているが、常識も改めて確認する必要がある。意外な展開があるかも。

なんばん地図

「なんばん」と呼ぶという回答が50%を超えたところを多い順に書くと青森、北海道、山形、岩手、秋田、宮城、新潟、福井、石川であった。北海道、東北、北陸に顕著な傾向であることが鮮やかに出た。お見事!

対して「こしょう」と呼ぶという回答が半数を超えたのは福岡、佐賀、熊本、長崎であった。ほぼ九州弁なのである。でも長崎に続いて鳥取が46%という高率をもって割り込んでいる。どうしてだろう。

こしょう地図

ともかく唐辛子は寒いところで「なんばん」と呼ばれ、暑いところで「こしょう」と呼称されているのである。

本山荻舟著『飲食事典』は「戦国時代に渡来したポルトガル船、その後のスペイン船を南蛮船と呼び、舶載した貨物にもナンバンの名を附した。それが食物調理にも移って転々する間に異同混交して呼称を異にし、例えば同じナンバンでも唐辛子を指す地方もあれば葱をよぶ地方もある。大草流の料理書に『南蛮焼』とあるのは鯛、雁、白鳥を油で揚げるもので、唐辛子や葱を使っていないのにナンバンと呼ぶのは油で揚げるというのが洋風という意味であろう」(要約)としている。

唐辛子について同書は「朝鮮胡椒」「南蛮胡椒」という古い呼び方があったことに触れている。加藤清正が持ち帰ったという話に代表される朝鮮半島由来説が正しければ、秀吉の軍勢が出撃の拠点とした名護屋城は現在の佐賀県唐津市にあった。撤退した軍勢もここから帰国している。ならば日本に入ってきた時点では「朝鮮胡椒」だったのだろうか。そう考えると九州の「こしょう」呼称については納得できる。

さらに「なんばん」についても「南蛮胡椒」からきたと考えればいいのかも。

枝豆とビールは不可分?

さて次回のテーマは「枝豆そら豆お豆さん」である。ビールに枝豆が日本の夏の風物詩になっているが、私はどちらかというとウーロンハイにそら豆である。その際、悩む。そら豆の皮は食べるもの? 食べないもの? 私は食べるけれど、味噌汁のシジミの身を食べるかどうかといった地域差があるものなのか。

デスク断言 そら豆は皮がおいしいし、味噌汁のシジミの身もおいしい。何で食べないの?

卵とじカツ丼の上に散らした数粒のグリーンピースの美しさよ。チキンライスにも緑の宝石が欠かせない。

日本で一番硬い豆はなんですか?

このような豆にまつわるエトセトラを考えていきたい。 

(特任編集委員 野瀬泰申)

[本稿は2000年11月から2010年3月まで掲載した「食べ物 新日本奇行」を基にしています]

大人のレストランガイド