カレーは「究極の健康食」 上手に食べて夏バテ解消

(c)adirek kata-123rf
(c)adirek kata-123rf
日経Gooday(グッデイ) カラダにいいこと、毎日プラス

夏は「食欲がわかない」という方も多いと思います。また、この時期は、冷房が効いた快適な屋内と暑い外を行き来する際の温度差によって、体調不調を起こしやすい時期でもあります。実際、編集部の周りでも、それが原因で夏風邪をひいた人が何人もいます。

そんな酷暑の時期にぜひ食べていただきたいのが「カレー」です。そこで、カレーの健康効果と、効果的な食べ方のポイントをまとめました。

カレーには「漢方薬」がふんだんに入っている

カレーを構成するスパイスは、日本では薬として使われてきた歴史があります (c)Krzysztof Slusarczyk -123rf

ご存じですか? 実は、カレーは「漢方薬」がふんだんに入った、究極の健康食の一つなのです。

薬として扱われてきたスパイスが大量に入っているカレーは、食欲低下や肝機能低下を防いだり、自律神経の働きを高めたりするなど、様々な健康効果が期待できます。カレーに詳しい漢方専門医の丁宗鐡(てい・むねてつ)さんは、「カレーは夏の疲れ対策に最良の食事の一つです」と話します。

そもそも、日本におけるカレーの始まりは、安土桃山時代までさかのぼるともいわれています。カレーのもととなるスパイス類が数多く日本に入ってきました。

「すでに、ペッパー(胡椒)、クローブ(丁字)、シナモン(肉桂)は、薬(漢方薬)として中国経由で伝来していましたが、ナツメグは、この時代になって初めてもたらされたといわれています」(丁さん)。薬として持ち込まれたこれら4種のスパイスですが、同時にヨーロッパでは食用として用いられているということもこの時に伝わっています。ただし、これらのスパイスは日本においては、あくまでも薬として利用されていました。

その後、カレーは明治時代以降、海軍を通じ、西洋料理としてイギリスから伝わり、庶民に知られるようになりました。ここでようやく、カレースパイスが、薬ではなく食品扱いされるようになったのです。

薬として利用されていたカレースパイスの数々には、様々な効果があります。最も有名なものの一つが、ターメリック(ウコン)でしょう。カレーのあの色はターメリックによるものです。ターメリックに含まれる代表的な物質である「クルクミン」は抗酸化作用があります。

このほか、クローブ(丁字)は食欲不振、肝機能低下、胃弱、下痢、腹痛などに、ナツメグは下痢、低血圧、不眠、ストレスなどに効果があるといわれています。

カレーは夏バテ解消にピッタリ

丁さんはカレーの効能として10のメリットを挙げています。カレーは、特に夏の暑さに疲れた体により効果的に働くそうです。「体がだるい」「食欲がわかない」といった夏バテの人には最良の食事といっていいでしょう。

夏バテにカレーがどう効く?

現代の夏バテの大きな要因には、冷房や冷たいもののとり過ぎによる体の冷えがあります。「漢方では、体の冷えは未病(病気になる前の状態)の一つとして、対処すべきものになります」(丁さん)。冷えは血液の循環を悪くさせ、肩こりや腰痛、関節痛のほか、消化機能の低下による下痢などの原因にもなります。新陳代謝も悪くなり、免疫力をも低下させるといわれています。

丁さんは、冷えの改善にカレーを勧めています。

次のページ
効果バツグンな朝カレー
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント