進化する土産物、新定番の10選 2匹目のウナギは…

日経トレンディ

日経トレンディ

東京、大阪に負けじと、各地で土産物が劇的に進化。大手メーカーや老舗のチャレンジが実を結び、続々と新定番土産が勃興している。

キャラメル事業で創業した江崎グリコは2014年夏、新千歳空港に同社初となるキャラメル菓子専門店「キャラメルキッチン」をオープン。牛乳やバターなど原材料となる良質な乳製品が豊富なことが、この地を選んだ理由だ。

縁もゆかりもない北海道で「賭け」に出たグリコだが、厳選素材を使った出来たてのキャラメルを味わえるという希少性が、クチコミで徐々に浸透。今では、ヒット商品の「キャラメルビスケット」などを求めて長蛇の列ができるほどで、見事に新定番へと育った。

静岡県では17年4月、「うなぎパイ」で有名な春華堂から「すっぽんパイ」が登場した。先代のアイデアで過去にもスッポン菓子を出したものの、人気はいまひとつ。だが、朝用の菓子を作ってほしいという声を受け、「滋味深いスッポンは朝のエネルギーチャージに向く」(春華堂)ということから、「朝のお菓子」としてリベンジに出た。スッポンダシが効いた独特の味わいが受け、4月から5月にかけて開催された「お伊勢さん菓子博2017」では、用意した600個が連日完売。ウナギを追う「2匹目」として上々のスタートを切った。

一方、定番商品の進化も著しい。インターリンク沖縄の「豆腐ようモダン」がその好例。豆腐ようといえば主に酒のさかなとして知られているが、同商品ではペースト状にして調味料へと進化。豆腐ようの新しい可能性を発掘した。

北海道:地元素材をぜいたくに使用

キャラメルビスケットは、「バター」「チョコレート」「ストロベリー」の3種を用意
キャラメルビスケット(江崎グリコ)
1箱1080円(税込み)
買える場所:新千歳空港内のキャラメルキッチン(直営店舗)など

新千歳空港にある江崎グリコ初となるキャラメル菓子専門店「キャラメルキッチン」。北海道産のバターや生クリームを使い、しかも手作業で作られるキャラメルは濃厚で味わい深い。なかでも狙いたいのが、「キャラメルビスケット」。ビスケットのさっくりとした食感と、キャラメルの濃厚な味わいが堪能できる。

北海道:有名菓子店の新定番クッキー

ビスキュイ・オ・フロマージュ(ルタオ)
ビスキュイ・オ・フロマージュ(ルタオ)
20枚入り1240円(税別)
買える場所:ルタオ直営店など

小樽市を中心に展開する洋菓子店、ルタオの新定番チーズクッキー。サクッとしつつも、ほろっとほどけるような食感が特徴だ。濃厚なチーズの味と香りがクセになる。

北海道:コーンがぎっしり詰まったパン

びえいのコーンぱん(JAびえい 美瑛選果)
びえいのコーンぱん(JAびえい 美瑛選果)
5個入り1080円(税込み)
買える場所:JAびえい 美瑛選果 新千歳空港店

北海道のほぼ中央、美瑛町を代表する農産物のトウモロコシがぎっしりと詰まった斬新なパン。小麦粉や生クリーム、バターなどの食材も美瑛産で統一している。東京の人気ブーランジェリー、VIRON(ヴィロン)が監修。店頭の工房でいちから手作りする。行列必至の人気商品だ。

静岡:うなぎパイに続いて「朝の銘菓」狙う

すっぽんパイ(春華堂)。うなぎパイ職人の師範と、洋菓子職人の技術を融合し、約3年をかけて開発した
すっぽんパイ(春華堂)
6袋入り1500円(税別)
買える場所:本店、うなぎパイファクトリー、nicoe、新東名高速道路 浜松サービスエリア 遠鉄マルシェなど

夜のお菓子「うなぎパイ」で知られる春華堂の新作。過去にもスッポン菓子を発売したものの、あまり売れずに不発。今回、「朝のお菓子」という新たなキャッチフレーズで巻き返しを図る。スッポンに加え、かつお節や桜エビなどの魚介の風味も生きている。

MONO TRENDY連載記事一覧