powered by 大人のレストランガイド

汁なし担々麺に悶絶 伏兵はカツオたたきの生ニンニク辛いもん(5)

前回は、メキシコやタイから、激辛という爆弾を積んだ爆撃機が何機も飛来した。そして今回は、米国からステルス戦闘機が急襲!

ご意見 当地アメリカにはBuffalo Wingsという食べ物があります。いわゆる手羽先を揚げて、辛いソースを絡めたものです。中西部には、その専門店もあるぐらい、代表的なバーフードです。
家の近所のピザ屋にもこのBuffalo Wingsがあります。普通はマイルド、ミディアム、ホットという順番に辛くなるのですが、ここはさらにエクストラ・ホット、スイサイド(自殺的)、ホミサイド(殺人的)と続きます。
主人(辛さに対しては凡人)はミディアムをオーダーします。シンガポールで辛い物には鍛えられている私は、常にスイサイドをオーダーするのですが、友人と一緒にホミサイドをトライしてみました。
はっきり言って、人生でこれほど辛い物は食べたことがありません。口の中は一瞬にしてマヒし、何を飲んでもその辛さを抑えることはできませんでした。涙を流しながら一本食べ終えたら30分は休憩が必要。ただ30分ぐらいすると、またその刺激を求めて食べては休憩を繰り返し。1人4本食べたところでギブアップしました。次の日に全員お腹をくだしたことは言うまでもありません(お名前ありません)
バッファローウイング=PIXTA

攻撃態勢に入ったところで自爆。ふー。

国内にもオソルベキものが存在する。

ご意見 サスペンスホラーなどの領域において、最も恐ろしいサイコは「殺意や悪意を微塵も感じさせない能力を持つ」存在です。今回ご紹介する「ソイツ」は清楚で芳しい仮面の下に、恐ろしいほどの殺意と能力を秘めている!
「ヤツ」の名は「アサリ麺」! 先週、このサイトで報告された元祖台湾ラーメンを謳う名古屋の某店で、ヤツは沈黙を守りながらブレイクの時を待っている!!!
ヤツは名古屋の地で知る人ぞ知る存在である…4年前、「ぜひ食べさせたいものがある」という妹の謀略に乗せられた私の面前に、ヤツはやって来た。湯麺の上のアサリ炒めの芳香が食欲を刺激し、私はヤツの罠に簡単に落ちてしまった。「まずはアサリの旨みをたっぷりと含んでいるであろうスープから…」と一口スープを飲んだ瞬間、鶏ガラスープのコクとアサリの旨みを閉じ込めたスープの味を一蹴してしまうほどの強烈な「辛味」が炸裂! その辛味ですべての味覚は吹き飛んだ。そして、のどを通る瞬間に粘膜をけいれんさせるハイパーパワー。飲み込もうとしてもヤツの攻撃は緩められることはなく、炸裂の度合いを増していた。結果「むせた」…。
「男は辛口!」を旨としていた当時の連合いを伴って再度この店に行き、同様に「すっごぉ~く食べさせたい裏メニューがあるのぉ~♪」と言って「ヤツ」をオーダーしてみた。結果、0.3秒で「むせた」…(西荻の怒髪天娘さん)
味仙のアサリいため

実は近々名古屋に行く予定がある。そしてこれを食べることになっているのである。自傷行為であることはわかっているが、シゴトなのである。くーっ。

デスク うらやましい。素敵なお仕事。

ご意見
激辛花火カツ定食(大阪の原さん提供)
 尾道には「激辛かき氷」というシュールでナイスなメニューを持った甘味処があったはずなのですが…ありません。閉店か? 移転か? ありませんでした。悔しい! こんな所にまで野瀬首領率いる「辛い物追放同盟」の魔手が延びていたのか。
こんなことで挫けるわけにはいきません。魔手の届かぬ海の向こう、四国松山へ懲りずに遠征しました。そこで、以前遭遇した経験のあるユニークな「清まる」さんで「激辛花火カツ定食」の画像をゲットしてまいりました。
驚愕のメニュー(大阪の原さん提供)
ぱっと見は普通のカツレツですが、二つに切った間を見ると豚肉とソーセージと…七味唐辛子に彩られたタップリのソースが姿を現します。パクっと食べるとまろやかなソースにほどよい辛さが絡んでいい感じ。
ところでこのお店、辛い物だけではありません。メニューに書かれたような…まあ、色々あります。私が行った時も、学生さんのグループが「かつパフェ」という豪傑メニューを注文し、数人でトライしておりました(大阪の原さん)

知ってるよー、松山のその店。前を通ったが入らなかった。あのときは今治の土井中さんに銘店居酒屋に連れていってもらってご機嫌だったんだな。

んっ、どうしたのチューバッカ? ああ、ファルコン号からウーロンハイ持ってきてくれたの? ありがとね。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド