powered by 大人のレストランガイド

世界の激辛料理 韓国、四川に加えメキシコ、ドイツも辛いもん(4)

辛いモン。今回は赤や黄色や緑の殺意の被害者の声を集めた。見よ、この悲惨なる現実を。反乱軍の逆襲である。

ご意見 数年前、米国でさる会食に参加したときのこと。食事はフレンチだったのですが、付け合せでベルペッパーなるものが出てきました。ベルペッパーって見た目はピーマンだし、フレンチの付け合せだから、何も警戒せずに食べちゃいますよね。
私が食べる前に、同じテーブルにいた日本人が食べてくれました。一口大のものを一気に。何せ大騒ぎするのも憚られる席だったので、その方は静かに顔だけを悲痛な表情で歪めていました。
その様子に気がついた周りの米国人は、ほほー君はベルペッパーを食べちゃったんだね、と言ってニヤニヤ笑っていました。見ると周囲の米国人はそのピーマンもどきには全く手をつけないか、せいぜい端っこを少しかじる程度だったんですね。私はその日本人のお陰で難を逃れましたが、その方がいなかったら、絶対ピーマンと間違えてガリガリとかじっていましたね(ちどりのおっとさん)
ピーマンのようなもの=PIXTA

このベルペッパーは緑の地雷であった。戦友負傷!

舌休めではなかったという話。

ご意見 上野の駅近くのその中華屋はほぼ間違いなく四川省(またはその周辺)出身のコックさんだったと推測します。
初めて入って麻婆豆腐を注文した時に生足チャイナドレスのウエイトレスさんがささやいた不思議な言葉。「どのくらい辛くしますかー?」「一番ノーマルな奴で…」。出てきた麻婆豆腐は子供もいる一般の家庭で供されるような普通の麻婆豆腐、私と友人は思いました。「コレなら辛いくらいがちょうど良くね?」
2回目は「中ぐらいで…」。 食した友人と私、「辛いけど美味い、まだいける」。
3回目。今度は強気、「めっちゃ辛くしてください!!」。 出てきた麻婆豆腐には青く細く節くれだったサヤインゲンが山盛り。それを見た友人と私、「さすがに一番辛いと舌休めがのってるのかー…」。ヒィヒィ言いつつ老酒を飲みながら、しびれるような麻婆豆腐を食べる私と友人。ついに限界がきて、横にのけておいたサヤインゲンを口中に放り込む。
サヤインゲンと思ったのは青唐辛子でした。それから2度とその店で麻婆と名が付くものは注文していません(わのひとさん)
辛い中華料理

自損事故により口腔内大破。被害甚大。

ご意見 ソウル駐在時代に食べました。いや食べようとしましたが、小生の口には辛すぎて食べられなかった「ナクチポックン」という韓国料理があります。「ナクチ」とは韓国語でイイダコのこと、さらに「ポックン」とは炒め物のことで、早い話がイイダコの野菜炒めです。
これがとてつもなく辛くて小生はこの炒め物に添えてあるゆでそうめんにナクチポックンのソースを少し浸してすするしかありませんでした。激辛味が多い韓国料理でも最高に辛い料理と韓国人の友人から聞きました(ジジコのパパさん)
ナクチボックン=PIXTA

急速旋回によりミサイル回避。えがったー。

デスク残念 「韓国料理でも最高に辛い料理」だなんて話のネタにもなるのに…。なんで食べなかったんでしょう。

ご意見 川崎(溝の口)にあるタイ料理のお店でひとなめさせていただいた調味料「Mega Death」。名前だけで想像がつくと思いますが,割り箸の先にほんのり赤い色がつく程度をなめただけでジョッキ3杯ぐらい必要になります。日本にあまりはないようなので、タイ周辺に旅行される方はお試しあれ(サラリーマンさん)

お試ししないよう勧告する。

ハバネロ=PIXTA
ご意見 ローマで入った人気シーフードレストランの得意料理とすすめられて注文したイカスミのパスタ。飾りの赤い物はハーバネロペパーでした。赤は危険色と避けるのが正解で、色に誘われて食べた人があまりの辛さに苦痛で顔がゆがんで話ができなくなり、見ているこちらもヒリヒリしました(料理の変人@加州さん)

衛生兵! 衛生兵!!

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド