powered by 大人のレストランガイド

九州の高菜油炒め 白いご飯にぴったり、絶妙の辛み辛いもん(3)

PIXTA
PIXTA

これから辛いモンのオンパレード。

ご意見 大阪≧焼肉≧韓国名物ビビンメン。その名の通り辛さでビビッ!とくる麺!
夏はこれ! 秋もこれ! 冬もこれ! 春もこれ!
でもね、路地裏の小店では食べられることを拒否するような「残さず食べられるか?」と挑発するような刺激的な店もあるんです。また攻めに行かないと(大阪の原さん)
ビビン麺=PIXTA

九州にも辛いものはあるが、これに限ってはOK。むしろ好きかも。

ガニ漬け(中林20系中林52さん提供)
ご意見 佐賀県は川副町の名物「ガニ漬け」。画像のそれは唐辛子入りです。コレがまた隠し味に色々使えます。今時分は季節柄、そうめんやうどんの盛りを食べる時につゆの薬味に使うと味にコクが出て、さらに唐辛子のピリッとした刺激で気合いが入ります。冷たいモノを食べながら、何だかホットな気分!
あとはご飯とか冷や奴とか…白いモノに合いますね? コレをなめながらお酒をパイイチ…なんて思ったコトもありましたが、チョイと塩辛過ぎて儂(わし)にはキツいかな?と。料理の隠し味が妥当かな?と(中林20系中林52さん)

ガニ漬けというのはシオマネキの塩漬けのことである。爪や甲羅も細かく砕いて入れてある。子供のころ、よく食べた。記憶ではがりがりと食べたのだが、このメールを読むと漬け汁を利用するみたい。ということは私は間違った摂取の仕方をしていたのであろうか。不安になってきた。

高菜油炒め(豆津橋渡さん提供)
ご意見 我が家では「高菜油炒め」が定番です。最近の豚骨ラーメン屋さんの「辛子高菜」とはちょっと違います。高菜の古漬けを、唐辛子エキスをたっぷり抽出した油で炒めます。チャーハンや焼きうどん、お茶漬けなんかに最高です。写真は茶漬けです(久留米やきとり学会 豆津橋渡さん)

ふっふっふ。私はこれを常備しているのよ。スーパーで高菜の漬物を買ってくる。それを細かく刻んでちょっと絞る。フライパンに油を敷いて高菜を投入。そこに刻み唐辛子少々と砂糖少々を加えて軽く炒めればできあがり。唐辛子は香りづけ程度に入れるのがこつ。

豆津橋さんちとは少し作り方が違うようだが、私の場合はこれさえあれば朝から丼飯。今朝もこれでご飯をお代わりしたのだ。

炎の大作戦。

炎の大作戦
ご意見 自衛隊の駐屯地でしか買えない限定土産は幾つかありますが、その1つである「炎の大作戦」が、陸上自衛隊立川駐屯地で人気を博しているそうです。
まんじゅう12個の詰め合わせなのですが、その中の2個に唐辛子のあんこ「激辛弾」が隠れており、外見からは全く見分けがつかないとのこと。
駐屯地の受付で「買いたい」といえば、隊員が迎えにきてくれるそうなので、是非一度、買いに行ってみたいと思っているのですが、デスクが代わりに突撃してくれないかなあ…どのくらいの“衝撃”なのでしょうか?
むかし、カラオケボックスのメニューに「ロシアンルーレットコロッケ」というのがありました。大皿の中に、確か1個だけタバスコがたっぷり入ったコロッケが出てきて、順番に食べながら誰が「当り」だったかを当てるという古典的なゲームをやっていたのを思い出しました(ミルフォードさん)
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド