ナショジオ

スペシャル

クジラがみんなで「立ち寝」 奇妙にも美しい珍光景

日経ナショナル ジオグラフィック社

2017/8/27

ナショナルジオグラフィック日本版

インド洋の水深15メートルで眠る、マッコウクジラの群れ。その数は30頭超。立った状態で、何分もあるいは何時間も動かない。すべてメスで、子どもたちは親が寝ている間、水面で過ごす。(Photograph by Stephane Granzotto)

地球上で最も大きな動物の一つ、クジラが仮眠を取る姿は、かなり奇妙なものに見えるかもしれない。

マッコウクジラが集まり、水中で直立したまま動かずにいる様子をとらえた写真が、インターネット上で人気を集めている。スクールバスほどの大きさを持つこのクジラたちは、どの写真でも5、6頭の群れになって「立って」いるように見える。

フランスの写真家で映像作家のステファン・グランゾット氏が、地中海でのダイビング中に、この行動を撮影した。彼は、その名も「Cachalots(マッコウクジラ)」という動物写真集のために、このクジラの姿を追っていた。上の写真はナショナル ジオグラフィック協会の写真コミュニティ「Your Shot」に投稿されたものだが、その中で彼は、クジラたちは1時間ほど「うたた寝」をしていたと述べている。

水深20メートルで眠っている、2頭の大人のメス。1頭は空気を吐き出している。呼吸をするときは、水面まで泳いでいって息を吸い、この場所に戻ってきてまた眠る。(Photograph by Stephane Granzotto)

マッコウクジラが垂直になって眠ることを最初に明らかにしたのは、2008年に生物学の科学誌「カレントバイオロジー」に掲載された論文だった。

それまでも、飼育されているクジラ目の動物のいくつかでは、眼球運動をモニタリングする方法で睡眠が観察されていた。飼育下のクジラは、睡眠中は脳の半分だけを使っていることがわかっている。この行動は、捕食者を避け、社会的接触を保ち、呼吸を整え、あるいは泳ぎ続けるのに役立つのではないかというのが、科学者たちの考えだ。(参考記事:「眠りながらも目覚めてる! 半球睡眠とは何か」)

しかし、野生のクジラがどのように休むかについては研究が大幅に遅れていた。英国のセント・アンドリューズ大学と東京大学の研究者らは、59頭のマッコウクジラに吸着カップでデータ収集用の小型装置を取り付け、クジラたちが休止している時間を測定した。(参考記事:「圧倒的迫力! 巨大クジラの背中から撮影した南極海」)

撮影者によれば、手前のクジラは目を開けていたが、ダイバーが近づいても平気だった。(Photograph by Stephane Granzotto)

その結果、このクジラたちは1日のうち7%の時間を、水面付近でこのような立ち寝の姿勢で過ごし、10~15分間のうたた寝をすることがわかった。これは、クジラが世界で最も眠らずに済む動物の一つである可能性を示唆している。

この論文では、チリ北部で撮影された動画に基づく所見も述べられている。その動画では、水面近くで寝ていたクジラに、エンジンを切って船が近づいていく。そして、船が誤ってぶつかるまで、クジラが目を覚まさなかった様子が映っている。もしかすると野生のクジラは、飼育下にあるクジラと違って、熟睡するのかもしれない。

次ページで、マッコウクジラの立ち寝姿の写真7点をまとめて紹介しよう。

ナショジオ 新着記事

ALL CHANNEL