有機ELスマホの期待と現実 iPhoneにはまだ来ない?佐野正弘のモバイル最前線

これまで液晶ディスプレイを搭載してきたiPhoneだが、最近有機ELディスプレー搭載への期待が高まっている
これまで液晶ディスプレイを搭載してきたiPhoneだが、最近有機ELディスプレー搭載への期待が高まっている

次期iPhoneへの搭載が期待されている有機ELディスプレー。サムスン電子のスマートフォン(スマホ)「Galaxy」シリーズに搭載され、発色のよさなどから人気のある有機ELだが、液晶と比べると採用するスマホは多くない。なぜ有機ELはこれまでiPhoneに採用されなかったのか、そしてなぜ、いまiPhoneへの採用が取りざたされるようになったのだろうか。

スマホに適した特性を持つ

そろそろアップルが新型のiPhoneを発表する時期が近づきつつある。日本は世界的に見ても際立ってiPhone人気が高いだけに、新型のiPhoneにどのような機能が搭載されるのか、毎年大きな注目されている。

2017年、新型のiPhoneへの搭載が期待されているのが「有機EL」である。新機種の一部に有機ELディスプレーが搭載されるのではないかという観測報道が一部でなされている。

有機ELは液晶と比べて視野角が広いのに加え、コントラストが高く、反応速度が速い。そのため動きのある映像でもぶれにくい。最近ではテレビに採用されるケースも増えている。

だが以前より、有機ELが最も適しているのはスマホではないかとも言われてきた。その理由は、有機ELは画素自身が発光するため液晶のようにバックライトを搭載する必要がなく、その分薄型・軽量化しやすいからだ。現在多くのスマホメーカーは、いかに端末を薄く、軽くするかに力を入れているだけに、有機ELの採用には大きなメリットがある。

有機ELには、かつてのブラウン管のように、同じ映像を表示し続けるとその部分に跡が残る「焼き付き」が起こりやすいという問題もある。だがスマホの場合、買い替えサイクルが2~4年程度とテレビと比べ短い。焼き付きが気になりにくいのも有機ELがスマホに向く理由の一つだ。

有機ELの強みを存分に発揮する「Galaxy」

そうした有機ELディスプレーの強みを存分に発揮したスマホを開発しているのが、スマホ最大手のサムスン電子だ。サムスン電子はグループにディスプレーを手掛けるサムスンディスプレーを持っており、スマホ向けの中小型有機ELディスプレーをグループ内から調達できる。同社のスマホ「Galaxy」シリーズが、いち早く有機ELディスプレーを採用したのはそのためだ。

現在日本でも発売されている「Galaxy S8」と「Galaxy S8+」を見ると有機ELの威力は明らかだ。それぞれ5.8インチ、6.2インチの有機ELディスプレーを採用しているが、その解像度はクアッドHD+(2960×1440ピクセル)と非常に高く、大画面ながら横幅が狭く、片手で持ちやすいサイズを実現している。

サムスンの「Galaxy S8」「Galaxy S8+」は、発色がよく曲げやすいなど、有機ELの特徴をふんだんに生かした「Infinity Display」の搭載を大きな特長として打ち出す

さらに両機種は、ともに有機ELの特徴の1つである、曲げやすいことを生かして、ディスプレーの両端をカーブさせ、左右のフレームがほとんどない、ディスプレーをそのまま持っているかのような感覚を味わえる形態に仕上げている。サムスンは両機種の有機ELディスプレーを「Infinity Display」と呼び、最大の特長として打ち出している。

MONO TRENDY連載記事一覧