N
Men's Fashion
男の着こなし術

2017/8/31

男の着こなし術

■これが本当のスーツの仕立て方だ

1. 既製服の仕立て方

実際のスーツの仕立て方を松屋銀座5階紳士服フロアにある「アトリエメイド」で取材しました。

こちらの売り場は、通常はオーダーでしか用いられない、全工程を一人の職人が縫い上げる「丸縫い」によるスーツの既製服があることで知られています。ジャケットが5万円代からという手ごろな価格の既製服にもかかわらず、袖を通すと思わず「あっ」と声を上げることでしょう。それまで経験して来た着心地と明らかに異なるからです。

開発を担当した紳士服の名物バイヤー、宮崎俊一部長にその秘密を尋ねると、(1)首を支える第7頸椎の部分にしっかりジャケットの中心が乗るように作られているために服の重みを感じない(2)熟練した職人による手間暇をかけたアイロンワークで、まるで服が身体を優しく包み込むように感じる(3)アームホール(袖の付け根部分)よりも1センチメートル以上も周囲の長い袖側の生地を入れ込みながら縫製しているため、腕の可動性が高い――と3つのポイントを挙げてくれました。

大量生産工場ではなしえないオーダーの技術が盛り込まれている既製服がアトリエメイドの「丸縫いスーツ」だということが分かります。

2. パターンオーダーの仕立て方

アトリエメイドでは、パターンオーダーも扱っています。その手順はというと、まずは「生地選び」。それに伴いデザイン選び、ボタン及び裏地などの付属選びをします。次に「サイズ選び」。胸囲をベースにサンプルに袖を通しながら採寸し細部を調整します。30カ所以上の「オプション」があるので、パターンオーダーにもかかわらず、イージーオーダー並みの自由度があるのとのことでした。

《生地選び》 松屋銀座アトリエメイドでは宮崎部長がヨーロッパで買い付けたビンテージファブリックもそろいます
《サイズ選び》 まず胸囲を計り、それに近いゲージサンプルを着用してもらいます

宮崎部長にそれぞれの良さを尋ねると、「丸縫い既製服は最上級の品質で快適なスーツが欲しい時に適しています。パターンオーダーは服で『遊ぶ』ことができます」との答えが返ってきました。

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
GIFT SPECIAL 2021
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram