ナレーションにも「ツッコミ」を意識(井上芳雄)第4回

日経エンタテインメント!

井上芳雄です。今回はナレーターの仕事のことを話そうと思います。4月から『美しい日本に出会う旅』(BS-TBS)という紀行番組で、「旅の案内人」としてナレーターを始めました。日本の各地を訪れて、まだ知られていない美や伝統を紹介する番組です。僕と高橋一生さん、瀬戸康史さんの3人の男優が、週替わりでナレーションを担当しています。僕は淡路島、岐阜、秋田などの回を担当しました。

紀行番組『美しい日本に出会う旅』(BS-TBS/水曜20時)のナレーション収録スタジオにて

前回書いたラジオもそうですが、声の仕事をやりたいと思っていました。ナレーターもスペシャル番組などで何回かはやったことがあったのですが、今年になってレギュラーが決まりました。とはいえ正直に言えば、僕にはまだナレーションの何たるかがはっきりとわかってなくて、いろいろ試行錯誤している段階です。

最近は、俳優のナレーションが増えていますね。俳優は台本のセリフを読むのに慣れているし、滑舌も関係あるのかなと思います。僕はどちらかというと滑舌がいい方だと思うので、ナレーションに向いていると思っていました。

1時間番組ですが、最初スタッフの方には、収録は普通3時間くらいかかるものだと言われました。ですが3人とも、実際の収録時間は2時間半を切るくらいで、早かったそうです。「俳優さんはお上手ですね」と言っていただけました。

でも、僕にとってナレーションが簡単か難しいかといえば、まだ簡単ではないです。言葉をしゃべるのは、お芝居でずっとやっていることなので、全く新しいことではありません。ただ、セリフという役の気持ちを表現するのではなく、映像の状況を説明する点が大きな違いです。当然、感情の乗せ方が変わってきます。

イントネーションを一番チェック

さらにナレーションが難しいのは、正確に発音しないといけません。一番チェックするのはイントネーションです。収録のときは、地名が多いのですが、「アクセントはどっちですか」という質問をスタッフの方によくします。もちろんセリフのときも気にするのですが、舞台は幕が開いたら後に戻れないし、感情が入っているとイントネーションが多少違っても成立してしまいます。でも、ナレーションにおいては、常に正しいイントネーションでしゃべることが重要なのです。

主役は旅をしている場所の景色や、そこで出会う人たちであって、自分ではないので、映像を膨らませるしゃべりも求められています。僕は、そのコツをまだきちんとつかめてないのかもしれません。

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
ちょっと毒を吐くのが自分の色
エンタメ!連載記事一覧