くらし&ハウス

モノ・フラッシュ

これでもコンビニ? セブンの新大型店はスーパー目線

日経トレンディネット

2017/8/19

セブン‐イレブン・ジャパンが導入を進める新レイアウト店初の大型店「セブン-イレブン町田小山町店」
日経トレンディネット

もはや生鮮食品のないスーパーマーケット――。2017年7月28日、セブン-イレブンが推し進める新レイアウト店舗初の大型店「セブン-イレブン町田小山町店」が東京都町田市にオープンした。

セブン‐イレブン・ジャパンは商品の配置を大幅に見直した新レイアウト店舗をすでに全国約300店で導入している。2017年度内に新店の1100店を、既存店の800店を新レイアウトにする。2021年までに国内店舗(2017年6月末時点で1万9588店)の約半分となる1万店以上を新レイアウト店舗にする計画だという。はたして、その店舗はどのようなものか。セブン-イレブン町田小山町店を取材した。

■フロア奥に長いレジカウンター

まず大きな違いは従来のレイアウトでは入ってすぐの左手か右手にあったレジカウンターがフロア奥に配置され、入り口のほうを向いていること。これはセルフ式コーヒーや揚げ物などカウンターで展開している商品が拡大しており、カウンターを横長にして有効スペースを増やすためだという。カウンターは全長約9.9メートルと従来(6.8メートル)の約1.5倍もある。

入り口を入った正面にレジカウンターが見える
カウンターは全長約9.9メートルと従来(6.8メートル)の約1.5倍もある
通路幅は従来に比べて中通路は10cm、ウオークインケース前は30cm、レジ前は10cm拡大。幅が広くなったことで棚の商品が上から下まで見渡しやすくなった印象。陳列棚はこれまでより15cm低い

■「中食」充実の理由は?

さらに、大きな特徴は「中食」を強化していること。セブン-イレブンでは女性と50代以上の顧客の比率が高まっており、そうした層を中心に冷凍食品やカウンター商品などの中食関連商品へのニーズが高まっているのがその理由だ。特に冷凍食品は販売スペースが従来の2倍となり、取り扱いアイテム数も約80と旧レイアウトより約30アイテム増えている。そのせいか、これまでの店舗にはほとんどなかったNB(ナショナルブランド)の商品が、メインのPB(プライベートブランド)と並んで置いてあったのが印象的だった。

冷凍食品売り場がチルド食品売り場と隣り合わせになっている
従来店の冷凍食品売り場はPBだけでなく、NBの商品も並んでいた

女性や50代以上の顧客を意識したと思われるポイントは食品以外にもあった。洗剤やシャンプー、トイレットペーパーなど購買頻度の高い日用品の大容量タイプもそろえていることだ。同社では17年4月に日用品61品目を値下げしており、スーパーマーケット化の傾向が強まっているといえるだろう。

洗剤やシャンプーは大容量タイプもそろえていた

■雑誌売り場はコンパクトに、窓際にイートインカウンター

一方、棚の数を減らしてコンパクトになったのが、雑誌売り場。ただ棚の段数が増えているので、アイテム数は大きくは変わらないそうだ。

雑誌売り場といえば、先に新レイアウトを導入した「三鷹牟礼6丁目店」(東京都三鷹市)のオープン時に窓際からフロア中央に移動していたことが話題となった。ただ今回の店舗では従来と同様に窓際に配置されている。三鷹牟礼6丁目店の雑誌売り場も17年7月末に訪れたときには窓際に移っていたので、まだまだ模索中ということだろう。

窓際に設置されたイートインコーナーはカウンターのみで、1席ごとにパーテーションを設けているのも面白い。一人客が1席ずつ空けて座ることを考慮し、席数を奇数にしているという。

雑誌コーナーは従来に比べて棚の数は減っているものの段数が増えているため、アイテム数はほぼ変わらないという
イートインカウンターは1席ずつパーテーションで区切ってある
島(棚の固まり)が増えたため、エンド(島の端)が増えて目立つ陳列がよりやりやすくなっている印象

(日経トレンディネット 山下奉仁)

[日経トレンディネット 2017年8月1日付の記事を再構成]

くらし&ハウス 新着記事

ALL CHANNEL