powered by 大人のレストランガイド

どんぶり一面の唐辛子 台湾ラーメンは名古屋の名物?辛いもん(1)

今回からテーマは「辛いモン」になった。が、いただいたメールの大半は前回のテーマ「冷たいモン」関連である。いつものことだから仕方ないか。

ご意見 私にとって今までで一番辛かったものは、名古屋名物(?)味仙の台湾ラーメンです。主人と2人で食べましたが、口の中や唇がヒリヒリして、少しの間会話をする気もおきませんでした。あの辛さが大丈夫という人もいるそうですが、私には刺激的でした。
あと、市販のカップの豚汁には一味(七味かな)がついていることがあるため、普段の我が家の食事でも味噌汁には七味をかけませんが、豚汁だけにはかけます(キューブ@愛知さん)
味仙の台湾ラーメン

あの店に限らず、台湾にはない台湾ラーメンは真っ赤っかの唐辛子が付き物である。現代日本の明るく正しい日本人なら「口の中や唇がヒリヒリして、少しの間会話をする気もおきません」という状態になるのである。私は名古屋に行った折、あの店の前を通ったが鼻と口をハンカチで覆っていたにもかかわらず、店から漏れてくる刺激性のガスのために目が涙で濡れたのである。

もっともあのときは赤味噌ところてんを食べに行く途中だったので、最初からちょっとうるうるになっていたという事情もあったが…。

七味スパイス付き

カップ豚汁の七味で思いだした。「サッポロ一番みそラーメン」にはどうして七味の小袋が入っているのだろうか。ラーメンならコショウのような気がする。味噌だから七味?

デスク乱入 味噌だから七味!

ご意見 先日同僚と一緒に食べに行った大阪・ミナミの焼肉屋さんで食べた「オクラもどき」の食べ物、死ぬかと思うくらい辛かったんです。
私は辛いものが得意じゃないんですが、その時は多少は酔っ払っていてその食べ物がオクラに見えたんでしょうね、味噌をつけてかじると辛い辛い。最初は味噌が辛いと思って、味噌をつけずにそのオクラもどきを思いっきりかぶり! その直後はなんともないんですけど、しばらくしたらやってくる何とも言えない辛さと渋柿を食べたときに口の中に広がる不気味な感覚の合わせ技で酔いも吹っ飛びました。
いったいあの食べ物はなんだったんだろ? 辛いもの大好きなデスクさんならこの正体が何であるかわかり、また食されたこともあろうかと思いますが、私にはきつすぎました。その後、30分くらいは辛くて辛くて、せっかくの焼肉の味も忘れてしまうくらい強烈でした(明渡@奈良県さん)
青トウガラシ

オクラみたいな緑の殺意の正体は知りたくもないが、このように不必要に辛いものを食べさせると何の罪もない善良な市民がひどい目に遭うことは、以上のメールを読んでいただければ明白であろう。

明渡さん、かわいそかー。

デスク回答 それは「青トウガラシ」ですね。焼肉屋さんでは焼肉のつまとして出てくるケースがあります。ツマミとして味噌をつけて出すお店もあります。注文するとたいがい「辛いけど大丈夫?」って聞かれますが、確かに辛いです。ちょこっとかじって、ハヒハヒで、酒をぶわーーーーっと飲むという食い方になると思います。酔いが覚めるのではなく、悪酔いするツマミです。

野瀬 これから緑の刺客と呼ぶ。

バンコクの食堂の調味料
ご意見 昔、ウチの職場にタイ出身の社員がおりました。この社員がお土産だと、タイのあめ玉を社内に配ったことがあります。
配られてしばらくすると、社内の各所から「ぬおー」とか「うがー」とか、断末魔のような悲鳴が聞こえてきます。そう、そのあめ玉の中にはトウガラシがしこたま内蔵されていたのでした。
それまでの人生でも、それからの人生でも、これだけ辛いモンに出合ったことはございません。万が一このあめ玉が日本の流通ルートにのるような事態が生じたなら、ここは食品衛生法ではなく、薬事法か毒物及び劇物取締法の監視下に置かれるべきです(みなみ@神奈川さん)

テロ? 違う? 国際刑事警察機構(インターポール)案件?

デスク反論 いえ、「愛」です。

のどあめと間違えてこれをなめた場面を想像しただけで倒れそうである。

大阪・心斎橋「味仙」の四川ラーメン(大阪の原さん提供)
ご意見 写真の赤い最終兵器は大阪心斎橋の「味仙」の死線…じゃなかった四川ラーメンです。真っ赤な唐辛子の辛さと香りは本場並み? 麺をすすってはいけません。息を吸うと唐辛子の揮発成分ガスで咳き込みます。のどに自信のない方はおとなしく麺を食べるしかありません。
有名になって今でこそ食堂らしい店になりましたが、十数年以上前に店開きした直後は、数人座ると一杯になる小さなカウンターのみの店で、四川スープを作る際のすごい唐辛子の香りが客席に流れ込み、空気に当たるだけで顔が火照るような感覚を味わいました。
そのころ、取材に行った大阪松竹芸能の若手お笑いさん数人が食べて、一人がお腹を壊して寝込んだという伝説付きです(大阪の原さん)
メールマガジン登録
大人のレストランガイド