ブック

ビジネス書・今週の平台

書店員がおすすめ この夏読むべきビジネス書8冊

2017/8/11

青山ブックセンター本店の益子陽介さんおすすめは「Airbnb Story」と「人生の勝算」

ビジネス街の書店をめぐりながら、その時々のその街の売れ筋本をウオッチしていくシリーズ。今回はいつもと趣向を変えて、定点観測している書店のビジネス書担当者に、夏休みに読んでおきたいビジネス・経済書をおすすめしてもらった。新刊にこだわらずそれぞれ2冊選ぶようにお願いしたところ、直接ビジネス力を高める本から、自身の向上心に火をつける本まで、多彩な本が集まった。夏の読書の参考にしてほしい。

■エアビーアンドビーの創業ストーリー

今回は、この4月から準定点観測書店に加わってもらった青山ブックセンター本店のビジネス書担当者、益子陽介さんにも選本をお願いした。その益子さんが選んだ1冊は、今年5月刊行のリー・ギャラガー『Airbnb Story(エアビーアンドビー・ストーリー)』(関美和訳、日経BP社)。米ビジネス誌「フォーチュン」の編集者が民泊サービスのエアビーアンドビーの創業プロセスに迫ったビジネスノンフィクションだ。

「読みどころは創業の物語がそのまま創業者たちの成長ストーリーになっているところ」と益子さん。エアビーアンドビーの創業者はデザイナー2人にエンジニア1人。ビジネス経験がほとんどないところから、行き当たりばったりの起業がスタートする。3人の間での対立や次々と起こるトラブルを乗り越えていく展開は読み物としてもおもしろいが、「創業者たちの学習する姿勢が何より刺激になる」。「何かを始めたい人にすすめたい一冊。若い人だけでなく、何か新しいキャリアに挑戦したいと考えている人にも読んでもらいたい」と話す。

益子さんが選んだもう1冊は、前田裕二『人生の勝算』(幻冬舎)。6月刊行の新刊で、著者はライブ動画配信サービスの「SHOWROOM(ショールーム)」を立ち上げた起業家。「成長ビジネスの勘所を余すところなく語った本。著者の起業家としての勢いが伝わってくる」とは、益子さんの推薦の弁。「路上ライブで足を止めてもらう工夫をしてきた体験が原点となって、SHOWROOMのコミュニティーサービスというビジネスの核が一つの人生哲学として語られていくところがおもしろい」という。

ブック 新着記事

ALL CHANNEL