エンタメ!

エンタウオッチング

『24』キャストを一新 変わらぬ人気、初登場1位 2017年7月 海外ドラマ月間レンタルランキング

日経エンタテインメント!

2017/8/9

 近年の海外ドラマの大きなトレンドが、大ヒットシリーズが相次いで復活していること。この夏は、7月から『24 -TWENTY FOUR-』、8月から『プリズン・ブレイク』という一時代を築いた2大ヒット作の新作がリリースされた。TSUTAYA月間レンタルランキングでは、さっそく7月度に『24』の新作が1位で初登場。往年と変わらぬ圧倒的な人気を見せた。

『24 -TWENTY FOUR- レガシー』(c)Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.
TSUTAYA調べ、1巻平均のレンタル数をランキング化したもの

 『24』は2001~10年に全米FOXネットワークでシーズン8まで放送されたドラマシリーズ。テロリストとの24時間の戦いを24話のリアルタイムで描く画期的なスタイルで世界中で大ブームとなった。主人公は、架空の組織CTU(テロ対策ユニット)の捜査官ジャック・バウアー。キーファー・サザーランドの当たり役となり、彼は世界的な人気スターとなった

 14年には、4年ぶりの続編となる『24 -TWENTY FOUR- リブ・アナザー・デイ』が製作された。こちらは12話だが、リアルタイム進行は変わらず。ジャックの活躍はここで完結し、キャストや設定を変えて17年に始まったのが『24 -TWENTY FOUR- レガシー』だ。キーファーは製作総指揮として参加し、新たな主役に若手のコーリー・ホーキンズを抜てきした。24時間のタイムリミットはこれまでのシリーズと同じで、前作と同様に12話で完結する。

 ストーリーはこうだ。陸軍特殊部隊のユニットリーダーを務めていたエリック・カーターは、イエメンでテロリストのリーダーを殺害した後、報復を避けるために名前を変えて妻と新しい生活を送っていた。ところが特殊部隊の仲間が、テロリストの部下に次々と殺害される。新たなテロ計画への懸念が浮かび上がり、カーターは再びテロとの戦いに身を投じる…。

主人公のエリック・カーターを演じるコーリー・ホーキンズ

 エリック役のコーリーは、映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』やドラマ『ウォーキング・デッド』などで注目された若手の黒人男優。191センチのすらりとした体格と高い身体能力が特徴で、アクション場面にスピード感を与え、作品を一気にリフレッシュさせた

 また『24』の人気キャラクターで元CTUのトニー・アルメイダを演じるカルロス・バーナードが出演するなど、オリジナルキャストも登場。従来のファンも満足させる内容になっている

『プリズン・ブレイク』も復活

 TSUTAYA レンタルユニット 映像チーム海外ドラマ担当の中山知美氏によると、レンタルの利用者は旧シリーズのメインユーザーである40代以上の男女が中心。また、5月に放送された『アメトーーク!』で「24芸人」を取り上げた際には、放送日から4日間のシーズン1のレンタル利用者のうち10代男性の数が前週の16倍にも増えた。「2000年代のブームを知らない若い世代にも人気が波及し、海外ドラマの王者『24』は今もなお健在です」と中山氏は言う。

 コーリーが主演を務める『レガシー』は本作で完結。今後は、別シリーズを立ち上げて『24』を継続すると発表されている。中山氏が「主役が女性や日本人の可能性があることを期待しています」と語るように、リアルタイム進行でテロと戦うヒーローというコンセプトはそのままで、新たな展開が期待できそうだ。

『24 -TWENTY FOUR- レガシー』20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン

 人気シリースの復活という点では、8月11日からは『プリズン・ブレイク』シーズン5のリリースが始まる。05~09年に全米放送された脱獄ドラマで、無実の罪で収監された兄を救うために、天才の弟が自ら刑務所に入り、脱獄を決行するという展開で世界的に大ヒット。『24』と並んで一時代を築いた海外ドラマの代表作だ。そのオリジナルキャストとスタッフが集結して、8年ぶりに復活した新作とあって、こちらも人気を集めそうだ。

(日経エンタテインメント! 小川仁志)

エンタメ!新着記事

ALL CHANNEL