趣味・ガジェット

デジタル・フラッシュ

夏旅の「お供」にタブレット 軽さ重視なら8~10型

2017/8/8 日本経済新聞 夕刊

ASUS「ZenPad 3 8.0 Z581KL」は7.9型でコンパクト。あちこと歩きたい人に向き、通話機能つき

 夏休みに旅行に出かけるなら、タブレットや2in1パソコンを持っていくと便利だ。スマートフォンより画面が大きいのでGoogleの地図やSNSを利用しやすいし、キーボードを取り付ければブログの更新やちょっとした仕事もこなせる。夏休み向きタブレットの条件を探った。

 ◇   ◇   ◇

 タブレットのメリットは、画面が大きいことだ。スマートフォンは5~6インチだが、タブレットは8~12インチと大きい。旅先でGoogleマップを使ってルートや目的地を探したり、SNSに旅行中の様子を投稿したりするのが当たり前になっているが、こうした使い方をするなら画面が大きい方が使いやすい。

 たとえばGoogleマップなら、大きい画面で一度に広い範囲を表示した方が目的地を探しやすい。撮影した写真を家族で見るときも使いやすい。

 タブレットを選ぶときのポイントはまずこの画面サイズだ。大きすぎると持ち運びにくくなるので、手に持ってあちこち歩き回る時間が多いならコンパクトで軽い8~10インチ、車や鉄道での移動中や宿で使うことが多いなら、10~12インチの大きめのものが選択肢に入る。

■スマホと同じOSで便利

 次のポイントはOSによる違いだ。アンドロイドタブレットが搭載するアンドロイド、アップルのiPadが搭載するiOS、ウィンドウズタブレットが搭載するウィンドウズ10がある。普段使うスマートフォンやパソコンに合わせて選ぶのがいい。

 アンドロイドは、普段アンドロイドスマートフォンを使っている人なら操作にすぐ慣れる。アプリも同じものが使える。アンドロイドタブレットは価格の安い製品が多いのが魅力だ。

 iOSはiPhoneと同じOSなので、普段iPhoneを使っている人ならiPadにすぐ慣れる。iPhone用アプリの多くはiPadでも使える。

 ウィンドウズ10は、自宅や会社でウィンドウズパソコンを使っている人なら操作に慣れやすい。またウィンドウズタブレットの中には、キーボードを取り付けるとノートパソコンのように使える2in1パソコンと呼ばれるタイプの製品がある。キーボードで文章を楽に入力できるので、旅先でブログを更新したり、急に仕事でメールを書いたりする際に対応しやすいだろう。

 大事なのはインターネットへの接続手段だ。GoogleマップもSNSもインターネットに接続しないと利用できない。

 まずWi-Fi(無線LAN)機能はどのタブレットも搭載しているので、Wi-Fiが使える場所ならこれで接続する。Wi-Fiサービスを提供しているホテル、交通機関、飲食店などではこの方法が通信費用がかからず便利だ。

 Wi-Fiが使えない場所では、自分のスマートフォンを介してインターネットに接続するテザリングと呼ばれる方法を使うか、通信キャリアが販売しているモバイルルーターを別途用意して使う。この場合はデータ通信量に注意しよう。

■格安SIM、通信費抑える

 よりスマートな方法は、携帯電話の通信回線を使ってインターネットに接続できるLTE通信対応のタブレットを使うことだ。携帯電話の電波が入るところならどこでもインターネットに接続でき、スマートフォンと同じ感覚で利用できる。通信にはSIMカードが必要になるが、「格安SIM」と呼ばれる通信費用の安い事業者のものを使えばコストを抑えられる。

アップル「iPad」9.7型モデルは手ごろな価格でLTE対応モデルが買える

 最後に具体的な製品を見ていこう。アンドロイドタブレットは多くのメーカーから様々なサイズの製品が発売されている。製品は多いがLTE通信対応で画面が大きく見やすいのは、10インチのファーウェイ「MediaPad M3 Lite10LTEモデル」だ。手にもって歩くことが多いのなら、片手で持てる8インチのASUSの「ASUS ZenPad 3 8.0(Z581KL)」などが良い。

 アップルのiPadシリーズでは、価格の安い9.7インチiPadが手ごろなサイズでコストパフォーマンスもいい。LTE通信対応モデルは「Wi-Fi+Cellularモデル」だ。一回り小型の「iPad mini4」もある。

ファーウェイ「MateBook E」はウィンドウズ10がインストールされている。キーボードも付属する

 ウィンドウズタブレットでは、ファーウェイ「MateBook E」がいい。LTE通信には対応していないが、キーボード兼カバーが付く。マイクロソフトオフィス付属モデルもあり、旅行だけでなく普段の仕事にも活用できる。

(日経トレンディネット 湯浅 英夫)

[日本経済新聞夕刊2017年7月29日付]

趣味・ガジェット

ALL CHANNEL