グルテンフリーは健康に害? 穀物摂取の長所損なう

日経Gooday

グルテンは、小麦などの穀物に含まれるたんぱく質(C) Uwe Mayer-123rf
グルテンは、小麦などの穀物に含まれるたんぱく質(C) Uwe Mayer-123rf
日経Gooday(グッデイ) カラダにいいこと、毎日プラス

先進国ではグルテンフリーダイエットが流行していますが、グルテンの摂取を減らしても、心筋梗塞などの冠動脈疾患の予防にはつながらず、グルテンフリーに徹するために、体によい栄養素を豊富に含む全粒穀物を食べなくなると、逆に健康に害が及ぶ可能性があることが、米国コロンビア大学のBenjamin Lebwohl氏らの研究で明らかになりました。

グルテンはメタボや循環器疾患のリスクを上げる?

グルテンとは、小麦、ライ麦、大麦、オーツ麦などの穀物に含まれているたんぱく質をいいます。グルテンフリーダイエットとは、グルテンを除いた食事法のことです。冠動脈疾患とは、心臓に酸素や栄養を送る冠動脈と呼ばれる血管が、動脈硬化などが原因で狭くなったり閉塞したりする病気で、心筋梗塞、狭心症などが代表的です。

もともとグルテンは、「セリアック病」という自己免疫疾患の患者が摂取すると炎症を引き起こし、小腸に障害を生じさせることが知られていました。そのため、セリアック病の患者は、グルテンフリーの食事を続ける必要があります。また、セリアック病ではないものの、グルテン摂取により様々な症状が起こる、「グルテン過敏症」の患者もいます。

しかし近年は、「グルテンは、セリアック病ではない人にも炎症を誘発して、肥満や、メタボリックシンドローム、循環器疾患のリスクを上昇させるのではないか」という考え方が広がり、グルテン摂取を控える食事法が流行し始めました。米国で行われたある調査では、セリアック病ではないのにグルテンフリーダイエットを実践する人の割合が増加していることが示されていました。

セリアック病ではない人がグルテンの摂取を制限すると、健康の維持に必要な一部の栄養素が不足する可能性があります。しかしこれまで、グルテンの摂取量と慢性疾患、例えば冠動脈疾患などとの関係について調べた長期的な研究は行われていませんでした。

そこで今回、Lebwohl氏らは、男女の医療従事者を26年間にわたって追跡した研究のデータを分析し、グルテンの摂取量と冠動脈疾患の発症との関係を調べてみたのです。

米国の男女11万人の長期追跡データを分析

対象は、米国の医療従事者を対象とする長期的な研究に参加した人々のうち、当初はセリアック病でも冠動脈疾患でもなく、1986年から4年ごとに2010年まで食物摂取頻度調査を繰り返し受けていた、女性6万4714人と男性4万5303人です。調査回答に基づいてグルテンの摂取量を推定し、その値に基づいて男女別に五等分しました。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント