powered by 大人のレストランガイド

中米の「ぶっかけめし」? 古いトルティーヤを後始末

今、中米の国・エルサルバドルに滞在している。日本に行ったことがあるというサルバドレーニョ(エルサルバドル人)がいたので、「日本の食べ物はどうだった?」と質問してみた。

「やっぱり本場の寿司は違うね!」とか「WAGYU、最高!」いう感想を期待してのことだったが、彼らの答えはこうだった。

「すべてがおいしかったけど、トルティーヤがどこにも売ってなくて恋しかった!!」

中米の人々のソウルフード・トルティーヤ=PIXTA

トルティーヤ(地域、人によっては「トルティージャ」と発音する)とは、乾燥したトウモロコシの粉に水を混ぜて薄く伸ばして焼いたもの。

メキシコや中米諸国ではご飯やパンのように、主食として食べられている。

「えー、日本食の感想、それかよー!」と少々ガッカリしたが、それだけ彼らにとってトルティーヤは日常に不可欠な食べ物。確かに日本のレストランでは「ご飯かパン」を選べても、トルティーヤは選べない。いくらおいしい料理があったとしても、いつもの主食を食べられないつらさのほうが勝ってしまうものなんだなぁと思った。

こちらはスペインのほうのトルティーヤ=PIXTA

ちなみにスペインにも「トルティーヤ」という料理があるが、こちらはジャガイモなどが入った厚焼き卵のこと。スペイン風オムレツなどと訳される。かつてスペイン人により中米が征服された際、原住民がつくるトウモロコシの薄焼きパンを、同じ黄色い丸い食べ物という理由で「トルティーヤ」と呼ぶようになったのがその名前のいわれだそうな。つまりはまったく別物。

トウモロコシの粉のほうのトルティーヤの皮にひき肉やレタス、トマトなどを乗せて、二つ折りにしたものが「タコス」。

米国南部やメキシコ、中米で広く食べられているタコス=PIXTA

また、トルティーヤをトウモロコシの粉でなく小麦粉でつくったものを「トルティーヤ・デ・アリーナ」といい、これでトマトやアボカド、豆などの具を巻いたものを「ブリート」という。

日本でも「ブリトー」の名前でコンビニでも売られている、といえば「ああ、アレ」と思い浮かべる人も多いかもしれない。

小麦粉のトルティーヤで具を巻いたブリート=PIXTA
メールマガジン登録
大人のレストランガイド