風呂専用や旅のお供 津田大介の無線スピーカー活用法

私物のBluetoothスピーカー4機種を一気に紹介
私物のBluetoothスピーカー4機種を一気に紹介

ふだん使っているBluetooth方式のワイヤレススピーカーがいつのまにか4機種になっていた。今このジャンルはかなりホットで、各社からさまざまな製品が登場しているが、用途や使用場所に合わせて、必要に応じて買い足していったらこの台数になったという感じだ。購入を検討している人にむけて、実際に使ってみてわかったことを整理してみよう。

衝撃だった手ごろな価格のボーズ

僕がこの種のスピーカーを最初に購入したのは2013年。ボーズの「SoundLink Mini Bluetooth speaker」だった。ボーズがこのシリーズを出してきたことで、ワイヤレススピーカーの市場が本当に活気づいたと思う。2万円ちょっとでボーズブランドが手に入るようになったのだから、そのインパクトは大きかった。手のひらサイズ(180×51×59mm)でも音が良いのがとても気に入って、いろいろなところに持ち歩くようになった。

それを人に譲って、次に購入したのがボーズの「SoundLink Bluetooth speaker III」。購入時の価格は3万5000円くらい。サイズ(130×256×48mm)からいってもはやモバイルではなく、基本的には据え置きで使うタイプだ。家ではベッドルームに置いて使っている。さすがに最上位機らしく音質はかなり本格的で、スマートフォン(スマホ)との組み合わせでも、ステレオセットの代わりに使えるかなというくらいの音が出る。

バッテリーも最大14時間とそれなりに持つので、アウトドア好きの人が車に積んでキャンプに出かけたりするのにもぴったりだ。

ボーズ「SoundLink Bluetooth speaker III」は主にベッドルームで使用。音楽フェスに持って行くことも

僕の場合、外に持ち出すのは年に1度か2度だが、先日フジロックフェスティバルに行ったときにも持って出かけた。フェスに行くとホテルに戻ってからも良い音で音楽を聴きたくなるので、このスピーカーがあるのは本当にありがたい。

このおかげで家の中で自由に音楽を楽しめるようになった。料理をする人だったらキッチンで使うのもありだと思う。防水ではないので少し離れたところに置いて使うといいだろう。

風呂に置きっ放しの防水JBL

一方、ちょっと変わった使い方をしているのがJBLのBluetoothスピーカー「FLIP3」だ。こちらは防水機能(IPX5)を備えているので、風呂場に置きっ放しにしているのだ。僕は湯船に漬かってボーッとしているのがもったいないと感じるタイプで、防水仕様のタブレットを持ち込んでこのスピーカーにつなげている。

MONO TRENDY連載記事一覧