1社だけの雇用では生産性があふれるために複数の企業と契約して年収1億円を稼ぐ「複業型スタープロフェッショナル群」と、1社限定雇用の中での「定型的業務パートタイム群」に二極化するという予測も現実味を帯びてくるかもしれません。

もちろん「そんな未来は来るはずない」という考え方に賭けるか、「そんな未来もありえる」と考えて備えるかという判断は、一人ひとりが決めることです。

(3) 売り込み型のキャリアハンティングの時代へ

もし上記のような変化が継続すれば、10年後のキャリア市場はどう変化していくのでしょうか? 現在は、企業が自社に必要な人材をヘッドハンティングすることが当たり前ですが、逆に、働く人にとって魅力的な環境を持つ企業に対して人材側が売り込みをかけることが当たり前の時代になる可能性があります。募集をしていてもいなくても、「私なら貴社でこんな貢献ができます」という売り込み型のキャリアハンティングです。

自ら売り込むことで希望する仕事の門戸を開く実力をつけられるかが、個人個人に問われる時代がやってくるかもしれないのです。そうした状況が出現すると、逆に企業側は、プロフェッショナルに自社を選んでもらえるかどうかが問われることになります。

※「次世代リーダーの転職学」の黒田真行氏の連載が書籍になりました。詳細は略歴の下の書籍紹介をご参照ください。

黒田真行
ルーセントドアーズ代表取締役。日本初の35歳以上専門の転職支援サービス「Career Release40」を運営。1989年リクルート入社。2006~13年まで転職サイト「リクナビNEXT」編集長。14年ルーセントドアーズを設立。「Career Release40」http://lucentdoors.co.jp/cr40/

転職に向いている人 転職してはいけない人

著者 : 黒田 真行
出版 : 日本経済新聞出版社
価格 : 1,512円 (税込み)

管理職・ミドル世代の転職なら――「エグゼクティブ転職」

わずか5分の無料登録で「待つ」転職
好条件のオファーを受けませんか?

>> サービス内容を見る(登録無料)

「エグゼクティブ転職」は、日本経済新聞社グループが運営する 次世代リーダーの転職支援サイトです

NIKKEI 日経HR


ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら