WOMAN SMART

ビューティー

STOP!「老け見え」姿勢 肩関節ストレッチで若返り

日経ウーマンオンライン

2017/7/25

日経ウーマンオンライン

ショーウインドーに映った自分をふと見たら、老け込んだ姿勢に衝撃! そんなあなたは、「肩関節の位置」を見直してみて。前側にずれ込んだ肩位置を整えるストレッチで薄着の季節もすっきり若見え!

■肩関節が前側にずれると老け込みが加速する

「長時間のデスクワークによって猫背になり、肩が前側に入る『前肩(まえかた)』になると、肩関節そのものが前側にずれこみます。前肩のデメリットは見た目の問題だけではありません。肩凝りが慢性的になるのはもちろん、肩関節に伴い背骨のカーブも崩れ、首や腰に痛みが連鎖することもあります」と、Dr.KAKUKOスポーツクリニック院長で整形外科医の中村格子さん。

自分はたぶん前肩だと思うけれどよく分からない……というときは、立ち姿勢で確かめてみよう。

特別な意識をしないで、何気なく立ち姿勢をしてみよう。真横から見て、両手が体の真横より前側にきている人は「前肩」。肩関節の位置が正しい状態ならば、手は体の真横にくる。肩関節の位置のずれが、全身の「老け見え姿勢」に影響していることが自覚できるだろう。

肩関節は、肩から肘にかけての「上腕骨」、体の前側の胸骨と肩甲骨をつなぐ「鎖骨」、背中側にある三角形の「肩甲骨」の3つの骨で構成されている。

「通常、関節はクッションの役割をする柔らかい組織によって包まれていますが、肩関節は膝などの他の関節と異なり、包まれている部分はごく一部だけ。だから、肩関節周囲はもともとこすれる刺激に弱く、損傷しやすいのです。その上、肩関節は、つなぎ目である接合部がずれやすい構造をしている、という特徴も。

だから、四十肩や五十肩など強い痛みが出る炎症も起こりやすい。さらに、年齢とともに肩周辺の筋力も低下するため、『前肩』を元に戻す力もなくなり、『老け見え姿勢』が定着してしまうのです」(中村さん)

■オフィスでできる、肩位置を修正するストレッチ

「前肩」に気付いたら、放置せず、正しい肩位置に戻そう。

中村さんが勧めるのが、前側に入った肩を後ろに戻す「肩関節ストレッチ」。肩回りが奥のほうからほぐされ、ぽかぽかしてくる。

「座った状態でも行うことができます。デスクワークの合間に、時々は姿勢を正し直して行いましょう」(中村さん)

【肩関節ストレッチ】

(1)背筋を伸ばして立ち、小さい「前へならえ」のように肘を90度に曲げて脇腹にぴったり付ける。すーっと鼻から息を吸う。

(2)息を吐きながら手を外側に向かって開いていく。手首は反らさず、60度ぐらいまで開こう。開ききったところで肩甲骨の下側が内側に寄るのを意識。1→2を10回繰り返す。

肩関節位置を調整する。肘を脇腹にぴったり付けた、小さい「前へならえ」ポーズ(左写真)から、手を外側へ(右写真)。この動きを10回繰り返す

このストレッチを行った後に鏡を見ると、普段の肩位置よりもずいぶん後ろに下がっていて驚くかもしれない。

「これが、本当のあなたの正しい肩位置なのです。この姿勢を習慣付けることができると、わきや腰回りもすっきり引き締まります」(中村さん)

この夏は、肩凝りとも無縁になって、若々しくノースリーブを着こなそう。

中村格子
整形外科医・医学博士、スポーツドクター。Dr.KAKUKOスポーツクリニック院長。横浜市立大学整形外科客員教授。横浜市立大学医学部卒業。同大学附属病院、国立スポーツ科学センター医学研究部研究員などを経て、2014年より現職。トップアスリートから一般の人まで指導・治療。「大人のラジオ体操」(講談社)はシリーズ累計82万部。著書多数。

(ライター 柳本操、写真 鈴木宏、モデル 島村まみ、スタイリング 椎野糸子、  ヘア&メイク 依田陽子)

[nikkei WOMAN Online 2017年7月19日付記事を再構成]

体のコリがすべて消える 究極のストレッチ

著者 : 中村 格子
出版 : 日経BP社
価格 : 1,404円 (税込み)


WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
【提言】手本不在、男女差、人生設計―悩んだらこう
日経DUAL
時短勤務したパパの夕食作りが新商品のアイデアに
日経ARIA
高橋ゆき 決断時は「そこに愛はあるのか」自問自答
日経doors
白木夏子「世界を少しでもいい方向に」が私の行動指
ALL CHANNEL