2017/7/21

■完璧メンテ 『中』や『裏』まで月に1度はじっくり手入れ

1.まずは丁寧にブラッシング

「最短ケアと同様、最初はブラシがけから始めます。メダリオン部分も注意して重点的に」



2.クリーナーを布にとる

「次にレザークリーナーで汚れを含んだ古いワックスを除去。これで仕上がりが美しく」

〈オススメのクリーナーはコレ〉

「クリーナーは粘度があるものを選んだほうが、効率的に汚れを落とせます」

汚れ落としローション500円/ヴィオラ(ジュエル)



3.余分なクリームを除去<>

「あまりゴシゴシこすらず優しく。クロスは磨き用のネル生地よりもパイル地などが好適」



4.靴クリームをブラシで塗る

「靴磨きクリームをブラシに少量とり、塗り伸ばしていきます。小さいブラシが塗りやすく◎」

〈クリーム選びのポイントは?〉 「染料系と顔料系がありますが、色の浸透、定着性、透明感に優れた染料系が◎。上のクリームは日本の気候に合わせて成分を調整し、より美しいツヤを引き出します。茶系だけで12色展開と、色にもこだわりアリ」

クリームは各800円/ヴィオラ(ジュエル)



5.ブラシでクリームをなじませる

「硬めの豚毛ブラシを使って全体をブラッシング。これでクリームを均等になじませます」



6.乾ぶきすればアッパーは完了!

「最後にクロスで乾ぶきすることで、さらに美しいツヤが生まれます。続いて『中』のケアへ」



7.デオドラントスプレーを噴く

「あまり目がいきませんが、靴の中もしっかり手入れ。日常ケアとして除菌・消臭スプレーを」

〈除菌・消臭に効果的〉 「イオン活性剤と緑茶フラボノイドで雑菌を除去、ニオイも分解してくれます」

デオドラントスプレー1000円/ヴィオラ(ジュエル)



8.靴内側のクリーニングも

「汗を吸い込んだ中敷きも掃除しましょう。カビやニオイを防ぎ、靴を清潔に保てます」

〈汗や汚れを除去できる〉 「生えてしまったカビも除去できますが、カビ予防にも効果的。汗や汚れをふき取れます」

カビ取り&クリーナー700円(ジュエル)



9.つま先までしっかりふくべし

「中敷全体をふき取り、汚れを取っていきます。特につま先にはほこりがたまりやすいので注意」



10.実はほこりがごっそり!

「クロスを見ると、こんなに汚れが! 普段見落としがちな靴内の環境にも心配りを」



11.盲点のソールもケアすれば万全

「靴底が乾燥するとひび割れなどの原因に。靴底用クリームを塗り、ブラシがけしましょう」

〈ソールケアで靴を労わる〉 「靴底も保革すればオールソールまでの寿命を延ばせます。ソールの色に合わせてクリームを選べば、仕上がりもいっそう美しく」

ソールエッセン各1000円/ヴィオラ(ジュエル)

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
SPIRE
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram