powered by 大人のレストランガイド

トウガラシは野菜? 「幸せの国」ブータン人の大好物

今年6月、秋篠宮家の長女・眞子さまがアジアの小国ブータンを訪問された。ブータンと言えば2011年、ワンチュク国王夫妻が来日して以来、「国民総幸福量」の増加を政策とする「幸せの国」として一躍注目を浴びるようになった国だ。以来、この国の料理も、メディアでしばしば「激辛料理」として取り上げられるようになった。トウガラシを多用するからだ。ところが、どうやらそれはとんだ勘違いらしい。

話を聞きに向かったのは、06年にオープンした東京・代々木上原のブータン料理店「ガテモタブン」。デザイナーの臼田香太さんら5人がオーナーとなって始めた店だ。店を始める前、臼田さんが考えていたのは、「30年続く店」。飲食店のはやり廃りが激しい中、長く続く店を作るのは簡単ではない。でも、食べ歩きが好きだった臼田さんは、「年を経ることでしか出ない、味わいのある店を作りたい」と考えていた。そうした中で出合ったのがブータン料理だった。

「ガテモタブン」の「モモ」 中央はトウガラシを使った薬味の「エゼ」

臼田さんがブータンを訪れたのは2001年、美術大学の研究生だった時だ。大学の教授らと訪れたこの国で、臼田さんは衝撃的な料理に出合った。「エマダツィ」だ。トウガラシのチーズ煮込みで、これをおかずにご飯を食べる。「こんな組み合わせの料理があるのかと驚きました。僕は辛いのが苦手なんですが、エマダツィはおいしくて」(臼田さん)。

帰国後、学園祭の模擬店でブータン渡航時にお世話になった日本ブータン友好協会の渡辺千衣子さんのレシピでブータン料理を出したところ、大評判になった。トウガラシを使った薬味「エゼ」を添えたブータン式餃子の「モモ」は、3日間で3000個以上も売れたという。

ブータンの乾燥トウガラシ

ブータン料理には必ずトウガラシが入る。生トウガラシだったり、乾燥だったり粉末だったり。「激辛料理」と言われることが多いのはそのためだ。でも、ブータンの人は辛いものが好きなのではない。野菜としてのトウガラシが好きなのだと、現地を知る人は異口同音に言う。

「ブータンの人に一番好きな野菜を挙げてと言ったらトウガラシが挙がる。そんな感覚です。好きな野菜だから、どんな料理にも入っているんですよね」と何度もブータンを訪れている「ガテモタブン」店長の村上光さんは話す。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド