フード・レストラン

フード・フラッシュ

氷を浮かべて完成するワイン 楽しみ広げる、夏の7選

2017/7/22

PIXTA

 うだるような暑さが続くと「ワインどころじゃない。キンキンに冷えたビールが飲みたい」という人も多いだろう。そういう人にもおすすめなのが「オン・ザ・ロック」ワインだ。「ワインに氷を入れるなんて、ワインに失礼だ!」という非難の声があがりそうだが、ワインの自由な楽しみ方として徐々に広まりつつある。

■伝統あるシャンパンのメゾンがブームつくる

 氷を入れて楽しむワインのパイオニアが、270年以上の歴史を持つ世界最大のシャンパンのメゾン(醸造所)、モエ・エ・シャンドンだ。 2015年に夏限定で「アイス アンペリアル」を発売して、おしゃれなワインラバーの間で一気にブレークした。17年からはロゼも加わり、通年で楽しめるようになった。

アイス アンペリアル ロゼ

 このシャンパンの特徴は、「氷を入れても楽しめる」ではなく、「氷を浮かべて初めて完成する」点だ。氷を入れたときに香りや風味を損なわずおいしく飲めるよう、力強い黒ブドウのピノ・ノワール種を多めにブレンドしている。モエ・エ・シャンドンが推奨する「正しい」飲み方は、ボトルを冷やしてワインを注ぎ、大き目のロックアイスを3つ入れるだけ。「甘いジュースのようなワイン」とは一線を画するシャンパンならではの複雑味と、甘さを引き締める酸味のバランスが絶妙だ。

 デザートとは当然相性がよく、白の「アイス アンペリアル」ならトロピカルフルーツ、ロゼならベリー系のフルーツが合う。ちょっと意外なところでは塩味がきいたものも合うそう。どんな瞬間も特別な時間に変えてくれるのがシャンパンの魔力だが、とくに「真夏の太陽がキラキラ輝くもと、海や山、自然を感じる場所や、テラスやクルーザーやヨットなど、心地よい風を感じる場所でぜひお楽しみいただきたい」(モエ・エ・シャンドンを日本で扱うMHD モエ ヘネシー ディアジオ)。白一色の洗練されたボトルデザインは、海の青や山の緑に映える。ちょっとぜいたくなアウトドアシーンには欠かせない一本だ。

「アイス アンペリアル」(左)と「アイス アンペリアル ロゼ」(右)
▼モエ・エ・シャンドン
アイス アンペリアル 希望小売価格 8000円(税抜き)
アイス アンペリアル ロゼ 希望小売価格 8400円(税抜き)
MHD モエ ヘネシー ディアジオ 03-5217-9906

■カジュアル向けワインも氷入りで

 「自由を味わう」がコンセプトのカリフォルニアワイン「カルロ ロッシ」は、オン・ザ・ロックで楽しむ「ロッシ ロック」の飲み方で人気だ。キンと冷やすことによりフレッシュ&フルーティーな魅力がさらに引き立つ。720mlサイズはペットボトルなので扱いも楽チン。大容量の3Lバックインボックスと小容量250ml瓶もあり、シチュエーションに合わせて選びやすい。

フード・レストラン

ALL CHANNEL