MONO TRENDY

モノ・フラッシュ

夏シャツのシワ問題 解決策はアイロンよりスチーマー

2017/7/19

シワになる素材が多い夏シャツ。この季節は衣類スチーマーが活躍する

 「家事をまったくやったことがない男性でも、正しく家電製品を選べば必ず家事ができるようになる」――家電コーディネーターの戸井田園子さんはそう断言する。家事は家族に任せっきりだった男性・秋葉けんたは家事メンになれるのか。今回取り上げるテーマは「シャツのシワ問題」。この問題を解決してくれるのは、アイロンではなく「衣類スチーマー」だ。

■夏シャツに多いシワ問題

 妻が異動で忙しくなったわが家。この機会に、妻に任せきりだった家事に挑戦することにした。前回の「部屋干し派の味方 半乾きをライトで教える除湿乾燥機」で洗濯除湿乾燥機を導入し、「洗濯物が乾いているのか分からない」問題は解決できた。しかし、新たな問題も出てきた。一部のワイシャツを洗濯・乾燥させるとシワになってしまうのだ。

秋葉けんた(以下、けんた) 衣替えしたら、洗うとシワになるシャツが何枚かでてきてしまいました。出勤する直前にシワに気づいたりするんですよね。

戸井田園子(以下、戸井田) 夏物の服は、綿や麻などシワになりやすい素材を使っているものが多いので、シワができやすいんです。

けんた 冬のシャツは形状記憶のシャツばかりだったので、シワを気にしてこなかったのですけど、夏のシャツはそうじゃないものも残っていて……。夏のシャツも全部、ノーアイロンシャツに替えちゃおうかとも思ったのですが、妻のシャツはそうもいかず。このシワ問題、家電で解決できないでしょうか。

戸井田 「衣類スチーマー」(以下、スチーマー)で解決しましょう!

けんた スチーマー? アイロンではなくて?

戸井田 スチーマーとは、吹き出し口から高温の蒸気を出してシワを伸ばす家電です。アイロンのようにプレスする必要がないので、初心者でもすぐに使えます。日本ではあまり認知されていませんが、海外ではビジネスホテルに設置されているほどメジャーな製品で、自宅で気軽に洗えないスーツの消臭や除菌に使っている人もいますよ。

けんた スチーマー、わが家に必要です! 製品選びのポイントを教えてください。

戸井田 1つは、蒸気の量。蒸気が多ければ多いほど、短い時間でシワがとれます。次に、プレス機能。袖口や襟をビシッと仕上げたいときは、アイロンのようにプレスする必要があります。

けんた おすすめ機種はありますか?

戸井田 蒸気の量で選ぶなら、ティファールの「アクセススチーム」。プレス機能も欲しいなら、パナソニックの「NI-FS530」がおすすめです。

「アクセススチーム」(ティファール)。実勢価格:1万960円(税込み、以下同)
「NI-FS530」(パナソニック)。実勢価格:1万590円

■すばやくシワを伸ばすティファール

けんた 早速試してみました!

戸井田 いかがでしたか?

MONO TRENDY新着記事

ALL CHANNEL