MONO TRENDY

デジタル・フラッシュ

SNSマストドンって? ゆる~い交流、本当の魅力 いまさら聞けないネットの話/マストドン 前編

2017/7/14

見た目はツイッターによく似ているマストドン。だが仕組みは異なり、それが独自の魅力となっている

 Facebook(フェイスブック)やInstagram(インスタグラム)、Twitter(ツイッター)と「定番」が強さを見せるSNSに、新顔が登場し、話題になっている。名前は「Mastodon(マストドン)」。ドイツ生まれだが日本のユーザーに支持されているマストドンとは、いったいどんなSNSなのか。

■マストドンは「分散型」のSNS

 「マストドン」が突如としてネット業界を騒がせたのは、2017年4月半ばのことだった。マストドンとはおよそ1万年前に絶滅したゾウやマンモスに似た大型哺乳類の総称だが、突如日本に現れて暴れ出したのだ。

 マストドンはミニブログ型のSNSで、日本でも人気なツイッターに非常によく似ている。見た目は「ツイッター・クローン」といってもいい。相互に友だちにならなくても一方的にフォローして購読することで、ゆるいつながりで交流ができるのも共通する。

 一方、ツイッターとの違いは「分散型」の構造だ。ツイッターはツイッター社がSNS全体を管理しているが、マストドンは独自に運営されるSNSたちが連携して、大きな連合体を作っている。利用者は、個性の異なるSNSから自分に合ったものを選んで楽しむことができる。

ツイッター社がSNS全体を管理しているツイッターと異なり、マストドンはサーバーにインストールして、自分のSNSを立ち上げることができる。運営方法は自分で決められる(イラスト作成、三井俊之)

 マストドンはオープンソースというライセンス形態でソースコードが公開されており、知識があれば誰でも、マストドンをサーバーにインストールして、自分のSNSを立ち上げることができる。マストドンをインストールしたサーバーは「インスタンス」と呼ばれ、運営方法は自分で決めることができて、機能のカスタマイズも許されている。

 現在、公式サイトに登録されたものだけでも1600以上ものインスタンスが存在するが、大勢のユーザーを持つインスタンスもあれば、地域や趣味を絞った小規模なインスタンスもある。どのインスタンスを使っていても相互にフォローしあえるようになっている。

「分散型」のマストドンは、自分が参加したいインスタンスに登録する

■趣味が同じ人たちが集まる心地よさ

 では「分散型のSNS」であるマストドンは何が面白いのだろうか。

 正直、4月に急激に話題になった頃は「何か新しいものが登場した」という期待感による人気が中心で、ユーザー数の多いインスタンスに人が集まっていたところがあった。しかし、当初のブームが収まり、少し落ち着いてきた今だからこそ、マストドンの本当の魅力が見えてきた。

 マストドンは登録したインスタンスによって、雰囲気がかなり変わってくる。地域や趣味を絞ったインスタンスの中には、その特徴を強く出しているものも出てきている。仕組み上、インスタンスごとにタイムラインに流れてくる投稿もかなり違うのだ。

MONO TRENDY新着記事

ALL CHANNEL