オリパラ

紙面から

競り合う迫力とスピード 新種目3人制バスケの醍醐味

2017/7/13 日本経済新聞 朝刊

東京五輪の新種目に決まった3人制バスケットボール(6月、東京都品川区)

 東京五輪で新種目として採用が決まった3人制バスケットボール。1試合10分間でコートは通常の5人制の半分ほど。ボールを持ったチームは12秒内にシュートを打たなくてはならず、スピーディーな展開が魅力だ。

 クロススポーツマーケティング(東京・千代田)が2014年設立した3人制のリーグは、全国の商業施設などで大会を開催。6月下旬に東京都品川区で行われた大会では、通りがかりの人たちを含めて2日間で延べ約2万人の来場者を集めた。

 会場ではゲーム中もリズムの良い音楽が流れ、MCがプレーを盛り上げた。熱心に観戦していた会社員の戸田圭亮さん(34)は「1対1や体のぶつかり合いが多く、迫力がある。東京五輪でも見たい」と話した。

[日本経済新聞朝刊2017年7月13日付]

オリパラ新着記事

ALL CHANNEL