音楽聴いてスイミング プールで使える最新プレーヤー

水泳をしながら音楽が聴ける音楽プレーヤー。使用する人も増えているという
水泳をしながら音楽が聴ける音楽プレーヤー。使用する人も増えているという

音楽を聴きながらランニングを楽しむ人は多いが、水泳をしながら音楽を聴けるプレーヤーもある。最近では使用を認めるフィットネスジムも増えているという。実際に最新製品を使用しながら泳いでみた。

水泳人口の多い欧米で人気に

ソニーは2017年6月10日、イヤホン一体型ウォークマン「WS620シリーズ」2機種を発売した。16GBメモリー内蔵の「NW-WS625」(1万8880円税抜き、価格は2017年7月13日にソニーストアで確認、以下同)と、4GBの「NW-WS623」(1万3880円)の2種類で、どちらもBluetoothイヤホンとしても利用できる。

2017年6月10日に発売されたイヤホン一体型ウォークマン「WS620シリーズ」。Bluetoothイヤホンとしても利用できる

Wシリーズの初代機が発売されたのは2009年6月。当時は水泳中の利用には非対応で「ジョギングなどのスポーツ中でもケーブルにわずらわされることなく、自由に音楽を楽しめるようにというコンセプトで生まれた」(ソニー広報・CSR部 沼田嶺一さん)。

水泳時にも使えるようになったのは2013年の第4世代「NWD-W270シリーズ」から。「このシリーズをきっかけに、水泳人口の多い欧米をはじめ、世界中での売り上げが、大きく伸びました」(沼田さん)

最新の「WS620シリーズ」では、周囲の音や人の声を聞ける外音取り込み機能を搭載。イヤホンに搭載されたマイクが外部の音を拾い、音楽と一緒に流すことができる。周囲の状況に気を配りながらスポーツに集中することができるほか、海水にも対応し、ビーチでも利用できる。

WシリーズはBluetoothには対応しているが水泳時にBluetoothで接続することはできず、音楽はメモリーに取り込んだものを聴く形になる。これはBluetoothの通信範囲などの問題によるもの。

他にも水泳対応音楽プレーヤーはBragiの「The Dash」、AGPtekの「S11」などが発売されている。

泳ぎながら音楽を聴くとどんな気分になるのか。実際にNW-WS623を使い、音楽を聴きながら泳いでみた。

音楽を聴くことで疲労感が軽減

選んだ音楽はビートが強く高揚感のあるカルヴィン・ハリスの「ファンク・ウェーヴ・バウンシズ VOL.1」と、音数が少なくゆったりとした曲が多いコーネリアスの「Mellow Waves」。泳ぎ始めはカルヴィン・ハリスを聴き、数十分たって疲れてきたらコーネリアスに切り替えた。

注目記事
次のページ
大手ジムも使用を認可
今こそ始める学び特集