トラベル

別世界旅行

カリブ海にぽっかり「青い穴」 中米ベリーズ神秘の旅

2017/7/8

カリブ海にぽっかり開いた世界遺産のブルーホール

 ライトブルーの海にくっきりと描かれた濃紺の円。なぜこれほどきれいな円が海の真ん中に突然現れるのか、見れば見るほど不思議な気分になる。中米の小国ベリーズの近海になる「グレート・ブルーホール」。カリブ海の宝石、怪物の寝床……。この円の呼び名はいくつかあるが、楽しみ方もいろいろある。小型飛行機で遊覧するもよし、ダイビングやシュノーケリングで体感するもよし。あまり日本人にはなじみがないが、ベリーズは今、リゾート開発が徐々に進み、観光客が増えつつある注目のスポットだ。この夏おすすめのベリーズの旅を紹介しよう。

 ベリーズはメキシコの東側にあり、人口は35.9万人。国土は四国より少し大きいくらいだ。平均気温は1年を通して20度を下回らず、夏でも最高気温は30度前後と過ごしやすい。いわゆる常夏の国だ。成田から米国経由で14時間半ほどかけてベリーズ最大の都市・ベリーズシティに降り立つと、むわっとした空気に包まれた。湿度は常に85%前後あるらしい。

 近海はダイビングスポットとして有名だ。世界第2位のサンゴ礁があり、「バリア・リーフ保護区」は世界遺産になっている。ブルーホールはその保護区の中にある。

 「泳ぐのもいいですが、小型飛行機での遊覧も人気ですよ」。現地を案内してくれたベリーズコンシェルジュエキセレント代表のソリス麻子さんが教えてくれた。ブルーホールはベリーズから約100キロメートル東の沖にあり、飛行時間は1時間ほどだという。確かに上から見たほうが丸さがよく分かりそうだ。まずは遊覧飛行を体験した。

バリアリーフに停泊する漁船。複数の小舟に乗り換え、ロブスターなどを捕る

 6人乗りの飛行機はベリーズシティの空港を出発した。プロペラの爆音に包まれながら離陸すると、すぐに美しい景色が広がった。エメラルドブルーやコバルトブルーが入り交じる海と、ところどころにサンゴ礁の小島も見える。

 20分ほど飛ぶと、現地パイロットのチャールズ・ウェルチさんが海の一点を指さした。下を見ると、海の中にひょこっと濃紺の円がある。ブルーホールだ。ウェルチさんが親指を立ててこちらに笑顔を向けた。爆音で聞こえないが「どうだい、すごいだろう?」と言っているような笑顔だ。

 ブルーホールは約1万年以上前、海上に隆起したサンゴの死骸などでできた石灰岩層の陸地のうち、中心部が地下水などに浸食されて陥没し、その後、海面上昇で陸地が海の中に沈んだことでできたとされる。穴の深さは約130メートル、直径は約300メートルだという。

ブルーホールの奥の白い部分がバリアリーフの端

 上から見ると本当にまんまるだ。周囲を白いサンゴ礁が縁取っていて、まるで誰かに見せるためにケースをしつらえた宝石のようにも見える。自然の神秘に感動せずにはいられない。近くにはバリアリーフにぶつかった白波の線が果てしなく延び、ブルーホールの濃紺、海の水色、波の白色が美しいコントラストを描いていた。ウェルチさんは10分ほど上空を旋回してくれた。

 上から見た後はやはり実際に泳いでみたい。ブルーホールへのルートはいくつかあるが、ベリーズシティからボートで向かった。外海に出ると高い波でかなりボートが弾む。船酔いはしなかったが、波に乗り上げて海にたたきつけられる衝撃がつらい。衝撃に耐えること約3時間でブルーホールに到着。シュノーケリングの道具を身につけ、海に飛び込んだ。

 海中は周囲のサンゴ礁から中心に向かって海底が落ち込むすり鉢のような形で、中心部は深い穴になっていた。この穴がブルーホールなのだが、中は真っ暗で水面付近からは全く見通せない。ふいに「怪物の寝床」という呼び名が頭をよぎった。穴の中から突然、化け物みたいな魚やイカが出てくる絵を想像とすると少しぞっとした。

トラベル新着記事

ALL CHANNEL