クラシック! それが男の装いで一番大切なことピッティ・ウオモ JUNE 2017 スナップショット (1)

2017/7/6

イグナシアス・ジョセフ氏(Ignatious Joseph ) 
独「IGN.JOSEPH」オーナー 
「フォーカスしているトレンドはクラシックなタッチを残す事!それは一番大切な事でクラシックさが無ければ、そのスタイルは何か欠けている所があると思います」

ヒューゴ・ジャコメ氏(Hugo Jacomet ) 
仏ファッション評論家 
「『スーパー180』(原毛の太さが14.5マイクロ=マイクロは100万分の1=メートルの生地)を使った、ダブルブレストスーツを着てます。とても軽くて、太陽の下では面白い光沢を出す生地です」

べネディクト・フリエス氏(Benedikt Fries ) 
伊「Shibumi」オーナー 
「きょうはダブルブレストスーツです。広くて大きめのラペルに、お気に入りのプリントのシルク製のネクタイは、スエードのローファーを選びました」

ステファノ・ビジ氏(Stefano Bigi ) 
伊 Bigi Cravatte CEO 
「スタイルはモダンクラシックです。例えばきょう着けているネクタイはトリコロール。3つの素材、サテン、ツイル、山東絹を使っています。ジャケットにも合いますし、スーツにも使えます」

以下のスナップショットもあわせてご覧ください。
(2)「パリ、チフォネリのスーツを愛す サザビーズ仏CEO」
(3)「トラディショナルを愛す フィレンツェの若き洒落者」
(4)「白と青、地中海の色が好き イタリア男が装いを語る」
(5)「キーポイントは『季節』 色で遊び、夏を服で表現する」
(6)「チーフから眼鏡まで色彩統一 地元ブランドの洒落者」

SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019
SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019