2017/7/13

デジタル・フラッシュ

下に示したのは、夫がカケホーダイライトプランで妻と子どもがシンプルプランの場合と、妻と子どもが格安スマホに乗り換えた場合。後者のほうが4000円以上安くなった。

ただ、ここで忘れてはいけないのは、シンプルプランのほうが安定した通信ができること、そして大手キャリアならではのサービスが利用できることだ。

大手キャリアのメリットも踏まえ比較を

大手キャリアに比べ、格安SIMは、利用が集中する時間帯の通信速度が遅くなる。また、記事「消費者相談から判明 格安スマホを選んではいけない人」で解説したように、キャリアメールや手厚いサポートなど、大手キャリアでは当たり前のサービスでも、格安スマホでは利用できないものがある。

両親や親戚との連絡にキャリアメールが必要という人もいるだろう。そんな大手キャリアならではのサービスを利用しながらも、家族全体のスマホ料金を抑えたいと考えている人にとって、シンプルプランは検討する価値がある料金プランといえる。

(ライター 松村武宏、イラスト 三井俊之)

注目記事