院卒・メーカー総合職35歳「10年間恋人がいません」[川本麻里さん(仮名) 第1回]

こんにちは。ライターの大宮冬洋です。30歳を超えると、「恋バナ」をする機会が減ると思いませんか。同世代の友達や同僚は結婚して子育てに突入している人が多くなり、相変わらずの片思い話をするのは気が引けてしまったり、相手は耳を傾けてくれても昔のように対等に腹を割って話すような雰囲気にはならない、という方が多いのではないでしょうか。

でも、夫婦を含めた男女関係は人生においてとても大事な要素だと僕は思います。職業選びと同じぐらい、生活の質を左右するものだからです。僕はこの夏に結婚6年目を迎えた40歳男性ですが、恋バナへの興味は尽きません。

話していて特に楽しいのは、自分の年齢の前後10歳ぐらいの働く女性です。つまり30代40代のキャリア女子たちですね。男性よりも、自分の状況や心境を言葉にすることに慣れているし、言葉にしたいという欲求も感じます。聞いていると「わかる~。そういう男性はすてきだよね」と僕まで女子目線になって共感することもあります。もちろん、自分の意見も言わせてもらいますよ。時間の経過を忘れるほど盛り上がります。おいしいものでも食べながら、あれこれおしゃべりしましょうよ。

愛知県内の中堅メーカーで総合職として働く川本麻里さん(仮名、35歳)と休日のランチタイムに会ったのは、名古屋市内の住宅地にある総菜カフェ。公園が見える明るい店内で、店主手作りの総菜を何種類も食べることができます。食事後に眠くなるのを防ぐためと美容のために、炭水化物の摂取を控えているという麻里さんのご希望に合わせました。

ネットの掲示板で知り合った遠距離の彼

麻里さんはショートカットにスカーフ姿がよく似合う美人です。感じよくお話もしてくれます。でも、大学院卒でいまの会社に入ってから10年間、ちゃんとお付き合いした男性はいないそうです。どういうことなのでしょうか。その前に、大学院時代に付き合った「最後の恋人」の話を聞いておきましょう。

両親が不仲で、実家を早く出たかったと振り返る麻里さん。関西地方にある大学に入り、そのまま大学院にも進学しました。

「研究者になるつもりはありませんでした。就職をしたくなかったのと、まだ学び足りないことがあったからです。将来のことは特に考えず、昼夜逆転の自堕落な生活を送っていました」

見た目のイメージとは異なり、インドア派で引きこもり気味だと自認する麻里さん。昼夜逆転の人たちがネット上で集う「掲示板」を見つけ、朝までチャットをすることもありました。その掲示板で出会ったのが、東京で会社員をしている3歳年上の伸也さん(仮名)です。