小中学の体育でパラスポーツ 多様な社会への理解育むトップ選手と交流、千葉市は実技として導入

車いすバスケットボールを体験する児童(大阪府箕面市の西南小学校)
車いすバスケットボールを体験する児童(大阪府箕面市の西南小学校)

授業で障害者(パラ)スポーツを扱う取り組みが教育現場に広がっている。選手らと交流し競技を体験するだけでなく、体育の実技に採用する動きもある。2020年東京パラリンピックに向けた啓発のほか、実際に体を動かして経験することで、健常児が障害者や多様性への理解を深めることを狙う。

違いを認め合う大切さ学ぶ

6月上旬、大阪府箕面市の市立西南小学校。3年生の児童が初めて車いすバスケットボールに挑んだ。なかなか前に進めなかったり、その場でぐるぐる回ったり――。車いすの操作に苦戦しつつも、シュートが決まると体育館に大歓声が響いた。「難しいけど楽しかった」「またやりたい」。児童らは興奮した様子だった。

90分間の授業は、日本財団パラリンピックサポートセンター(東京・港)のプログラム「あすチャレ!School」の一幕だ。パラスポーツの啓発だけでなく、「他者が抱える問題を自分のこととして捉える」「勇気を持って挑戦することの素晴らしさを学ぶ」などを目的に、昨年度始まった。

車いすバスケのほか、目隠しをした選手が鈴の入ったボールを転がしてゴールを狙う「ゴールボール」などを取り上げる。初年度は20都府県の小・中・高校116校で実施。今年度は250校での開催を目指す。

講師を務めるのはトップレベルの競技者ら。西南小では2000年のシドニーパラリンピックで日本代表チームのキャプテンを務めた根木慎志さん(52)が、3年生122人を対象に授業を行った。

授業の終盤、「苦手なことも得意なことも、一生懸命取り組むのが大切なんだ」と語りかけた根木さん。「違いを認め合うことが、全ての人々が輝ける社会への一歩になる」と力を込めた。女子児童(9)は「初めて車いすバスケを目の前で見られて楽しかった。これからは苦手な水泳を頑張りたい」と笑顔を見せた。

これまで障害について学ぶ授業は、座学や施設見学などが多かった。西南小の桑野啓子校長は「実際にやってみることで、子供は誰にもできること、できないことがあると理解したのではないか」と話す。

次のページ
体験の場、学校以外にも拡大