ヘルスUP

日経Gooday 30+

これで褒め上手に 「感謝力」を磨いて職場環境アップ

日経Gooday

2017/7/9

部下を上手に褒めていますか?(c)studiostoks-123rf
日経Gooday(グッデイ) カラダにいいこと、毎日プラス

 「担当するプロジェクトでリーダーを務めているが、上司と面談をした際、チームメンバーから『リーダーはあまり褒めてくれない』という声が複数あったことを知らされた。確かに褒めるのは苦手だが、自分なりに褒めていたつもりだったので落ち込んでいる。どうしたら褒めるのがうまくなるだろう」。これは、人材サービス会社でプロジェクトリーダーを務めるRさんの悩みです。褒め上手になる方法を、帝京平成大学現代ライフ学部教授の渡部卓さんに伺いました。

◇  ◇  ◇

 私がかつて米国の企業に勤めていた頃、上司は部下をよく褒めていました。「Good job!」「Excellent!」といった大げさな言葉を聞くと、日本人としては少し気恥ずかしい思いがしましたが、そう褒められた部下は、ますますやる気を出したものです。

 近年は日本企業においても、「褒める」ことの重要性が認識されるようになり、管理職向けの企業研修などでも、職場のコミュニケーションの一環として「褒め方」を取り上げてほしいと依頼されることがあります。「部下を褒めよう」と心がけている上司も多いことでしょう。実際、日本生産性本部が2014年に発表した「職場のコミュニケーションに関する意識調査」の結果[注1]では、「褒めることが『育成につながる』と思う」と答えた課長職の人は98%を超えています。

■上司は褒めたつもりでも、部下はそう感じていない?

 ところが、同調査では、「あなたは部下を褒めますか?」との問いに「(部下を)褒めている」と答えた課長は78%を上回ったのに対し、「上司はあなたを褒めますか」との問いに「(上司は自分を)褒める方だ」と回答した一般社員は50%に満たない結果となっています。上司の「褒めている」感覚と、部下の「褒められている」感覚には、大きな隔たりがあるようです。

 とはいえ、褒めるのが苦手な上司がいきなり部下を褒めようと思っても、どんなところを、どのように褒めたらいいのか、戸惑うことが多いのではないでしょうか。

 部下を褒めるのが苦手な上司は、部下だけでなく、自分自身を認めることも苦手な傾向があります。褒めることは相手のセルフエフィカシー(self-efficacy;自己効力感)を高めるといわれていますが、自分で自分を認められることも大切です。上司自身が自分で自分を認められるようになると、周囲に対してもそれができるようになってきます。自分を認める気持ち、相手を認める気持ちが、褒めることへとつながっていくのです。部下を褒めるにはまず、そうした感覚、感性を刺激し、磨くことが必要です。

■日頃の感謝の気持ちを5つ書き出す

 ではここで、簡単なエクササイズをしてみましょう。あなたが日ごろ、感謝していることを、5つ書き出してみてください。漠然としていて難しいときは、「職場で」「今いる周囲3メートル以内で」など、範囲を限っても構いません。

 さて、どんなことが書き出されたでしょうか。

[注1] 公益財団法人 日本生産性本部「第3回 職場のコミュニケーションに関する意識調査」

ヘルスUP新着記事

ALL CHANNEL