ナショジオ

動画

心臓は複数、粘液で攻撃 エイリアン顔負けの深海生物

2017/7/7

ナショナルジオグラフィック日本版

 背骨がなく、目は退化し、複数の心臓を持ち、粘液で敵を攻撃する――。そんな生き物に遭遇したら、あなたはどうするだろう。

 個性的な姿と能力を持つその生き物は、ヌタウナギと呼ばれる。この深海の住人は、世界に80種近く分布する。米カリフォルニア州チャップマン大学の生物学者ダグラス・ファッジ氏によると、多くは小型の無脊椎動物を狩ったり、海底の死骸をあさったりしているという。

 「何かの死骸が海底に沈んでくると、真っ先にやってくるのはたいていヌタウナギです」とファッジ氏は話す。ヌルヌルとしたこの生物は、全身まるごと死骸の中に入り込んでしまう。

 腐敗していく死骸は「酸素を必要とする動物に適した場所ではありません」とファッジ氏はいう。そんな場所でも生きられるからこそ、ヌタウナギは深海という極めて過酷な条件下でも生きていけるようだ。

 例えば、3つある心臓は酸素がなくても何時間も働き続ける。カナダ、ゲルフ大学の統合生物学者であるトッド・ギリス氏の研究によれば、その間は酸素の代わりに体内の脂肪分を使っている可能性があるという。

 またヌタウナギは、危機に陥ったり苦痛を与えられたりすると、即座に体から粘液を放出する。この粘液には細い繊維が含まれる。このため、ヌタウナギを食べようとする捕食者はえらが詰まってしまうとファッジ氏は説明する。

 上の映像は、チリのビオビオ州で撮影されたもの。ヌタウナギを捕獲してその姿に驚いた漁師たちが、岩の上に置いて暴れる様子をカメラに収めた。気持ちが悪いと言ったら失礼かもしれないが、人間の想像を超える謎に満ちた生き物であるには違いない。

(日経ナショナル ジオグラフィック社)

[ナショナル ジオグラフィック 2017年3月17日付記事を再構成]

詳しい記事はこちら

ナショジオ新着記事

ALL CHANNEL