ファミマは10種類 コンビニ各社、氷スイーツ準備OK

今年はファミリーマート、セブンイレブン、ローソン、ミニストップの各社が、氷を使ったスイーツの発売を例年より早めている
今年はファミリーマート、セブンイレブン、ローソン、ミニストップの各社が、氷を使ったスイーツの発売を例年より早めている

気象庁の予報では、2017年の夏は平年よりも気温が高くなる見込みだという。こうした予報を受け、コンビニ各社では早くからフローズンスイーツに力を入れている。アイスやドリンクよりも冷たさを感じられるフローズンスイーツ。これから来る夏本番に向け、各社の動向を探った。

転換点は「最高気温25度」

コンビニの2017年の夏は早かった。4月17日、セブンイレブンは「スイーツかき氷」シリーズを例年よりも1週間早く発売。続いて18日にはローソンがレンジで温めて飲むフローズンドリンク「マチカフェフローズン」を、21日にはミニストップが「ハロハロ」を例年よりも前倒しで発売し、23日にはファミリーマートが「FAMIMA CAFE」のフラッペシリーズを発売。ゴールデンウイーク前から、各社のフローズンスイーツが出そろった。

なぜ各社はフローズンスイーツの発売を急いだのか。ファミリーマート総合企画部広報室・広報グループの篠崎直人さんはこう語る。

「過去のデータを見ると、最高気温が25度を超えるとホットコーヒーよりもアイスコーヒーの売り上げが上回ることがわかりました。昨年は5月中旬にフラッペを発売しましたが、実際には4月下旬からゴールデンウイークにかけて、25度を超える日が出てきていました」

このデータをもとに、ファミリーマートでは店内のコーヒーマシンでミルクを注いで作るフローズンドリンク、「FAMIMA CAFE」のフラッペシリーズの発売を例年より3週間も早めた。これにより、コーヒーの販売量を落とすことなく「フラッペ」を含むカウンターコーヒー全体の売り上げを3割以上伸ばした。

ローソン広報室の李明さんも「早い時期から暑い日が続いたため、マチカフェフローズンの売り上げは想定よりも好調」と話す。セブンイレブンも「ゴールデンウイークは天候がよく、氷菓系のアイスの販売数が伸びた」(セブン&アイ・ホールディングス広報センターの松尾奈央子さん)。各社ともに、早めの販売に踏み切ったことが奏功しているようだ。

食感にこだわり、スイーツ需要に対応

「抹茶フラッペ(ホワイトチョコチップ入り)」、左)とミルクティーフラッペ(ブラックタピオカ入り、右・ともに税込み290円)。抹茶はホワイトチョコ、ミルクティーにはブラックタピオカがアクセントになり、食感も楽しめる

各社とも、夏に向け、さらに準備を進めている。特に力を入れているのがファミリーマート。2014年から発売しているフラッペだが、今年は史上最多となる10種類を発売予定。10月まで毎月新商品を投入する。実際にファミリーマートを訪れてみると、冷凍コーナーではカラフルなフラッペの容器が幅をとっている。

次のページ
電子レンジで「夏に飲みたいドリンク」
MONO TRENDY連載記事一覧