ヘルスUP

日経Gooday 30+

凄腕トレーナー直伝 失敗に負けないメンタルの鍛え方 格闘技界のチャンピオンメーカー・古家政吉さんに聞く【後編】

日経Gooday

2017/6/26

トレーニング後に。 左から卜部功也選手(初代K-1 WORLD GP スーパー・フェザー級王者)、古家トレーナー、 卜部弘嵩選手(第2代K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者)。兄・弘嵩、弟・功也の「卜部兄弟」は人気と実力でK-1を牽引している(撮影:筆者)
日経Gooday(グッデイ) カラダにいいこと、毎日プラス

格闘技界の「チャンピオンメーカー」として知られる古家政吉さんに、ビジネスパーソンに役立つ「メンタルの鍛え方」を聞くインタビュー。本番に強いメンタルを作る方法を聞いた前編「『本番に弱い人』を強くする 万年2位からの脱し方」に引き続き、後編では、失敗してしまったときのメンタルの立て直し方について聞いていこう。

【ケース2】「大事な商談をまとめられず、失敗してしまった。一度落ち込むとなかなか立ち直れないのだが、どうしたら切り替えることができるのだろうか?」

■ショックの大きさに配慮して言葉を濁してはダメ

この「切り替える」という言葉は、スポーツ選手が試合で負けてしまったときによく使いますね。「切り替えて、次の試合に備えたい」と。しかし、実際に敗戦で強いショックを受けた選手が「気持ちを切り替えること」はなかなか難しいものです。

――「切り替えます」と言葉にすることで、気持ちを切り替えようとしていることもあるでしょうね。

それはあると思います。前向きな言葉を口にすることは、自分にも、周囲にも良い効果があるんですよ。

まず、私が普段、試合で負けた格闘家とどう接しているかについてお話ししましょう。格闘技会場のバックステージでよく見られるのは、試合を終えて、敗北のショックにうなだれている選手を中心に、少し離れてトレーナーや同僚の選手たちが輪を作っている光景です。負けた選手には、誰も声をかけられない空気なんですよ。

――そっとしておくんですね。

しかし、それではダメだと思います。私は、負けたときほど選手のそばにいて、声をかけます。むしろ、勝った場合は離れていますね。放っておいても「よくやった」「おめでとう」とみんなが寄ってきますから。

前編「『本番に弱い人』を強くする 万年2位からの脱し方」でもお話ししましたが、格闘家の「1敗」は非常に大きい意味を持っています。私が指導している選手はK-1を主戦場にしていますが、タイトルマッチで負けてベルトを失ったり、トーナメントに出場して負けてしまったら、経済的にも打撃を受けます。勝者は「K-1チャンピオン」の栄誉を手にして、次も華やかなK-1のリングで試合することが約束されます。しかし、ベルトを失った者やトーナメントで優勝できなかった者は、次にいつ、K-1で試合ができるかは分かりません。

――名誉を失い、これからの生活の不安もある。それはショックが大きいですね。

ですから、負けた直後の選手はみんな呆然としています。相手のパンチをたくさん受けているケースも多く、試合内容をよく覚えていないことも多いです。だから、必ず「試合はどうだった?」と周囲に確かめるのですが、周囲の人は選手のショックの大きさに配慮して、たいていは「良かったよ」とか「頑張ったよ」と言葉を濁してしまう(苦笑)。

選手からすれば、良かったならなぜ自分は負けたんだ、と思いますし、私が選手なら「そばで見ていて、なぜ何も言ってくれないのか?」とトレーナーに不信感を持つでしょう。

私は、必ずその場で「敗因」を言います。「攻めに出るタイミングが遅かったね」とか「終盤に失速したね」と。

■敗因をその場ではっきり指摘し、改善策を伝える

――それは、傷口に塩を塗るようなことになりませんか?

敗因を指摘された選手はショックを受けるでしょう。もし、私がその場で「お前、もうダメだよ」と言えば、絶望して辞めてしまうかもしれません。

そこで大事なことは、敗因を指摘するだけでなく、「だから、これからの練習ではここをこう改善しよう」と改善策を出すことです。「お前のポテンシャルなら、ここを改善したらもっとできるはずだ」と。負けた直後に、その場で改善策が出せるかどうかが、トレーナーの手腕だと思っているんですよ。

「そっとしておく」や「気休め、慰めの言葉をかける」だけでは何も変わらないですし、敗戦のショックを受けたままで家に帰してしまうのは一番やってはいけないことです。立ち直るまでに長い時間がかかってしまいます。

格闘家のピークはせいぜい5、6年。その間にタイトルを取り、防衛し、メディアにもどんどん出て知名度を上げて、引退後の第二の人生を充実したものにしなくてはいけません。そのために、現役時代は1分、1秒を惜しんで、強くなるためのトレーニングをしないといけないんですよ。敗戦のショックをいつまでも引きずっているわけにはいきません。

――なるほど。

これはビジネスシーンでも共通するポイントだと思いますが、失敗して、落ち込んでいるヤツが一人であれこれ考えたところで、「次はこう改善しよう」なんて考えられないですよ。ショックが大きすぎて「あのときにこうしていればよかった」と、つい過去ばかり振り返ってしまう。

ヘルスUP 新着記事

ALL CHANNEL