日本企業が求める人材像、2030年にはこの2タイプに!?リクルートワークス研究所副所長 中尾隆一郎

テクノロジストは、特定の専門性を狭く深く持った高度な専門職であり、テクノロジーを生み出し活用して、仕事の付加価値を高める人たちです。たとえば、新しいソフトウエア、プログラミング言語を開発するイノベーター、定型業務を自動化し、経営上の意思決定などの非定型業務を迅速に執行できる事務職、テクノロジーを自在に駆使できる現業職、感情の機微に臨機応変に対応して目の前の人を幸せにする対人サービス職のように、高度に専門化した知識・スキルを有した人たちです。

専門性を深める方向にキャリアが継続しており、レベルが高ければ、顧客はローカルにもグローバルにも広がります。テクノロジストは、テクノロジーを駆使して、組織内の業務を標準化し、水平展開して、組織活動の効率性アップに貢献していきます。

Work Model 2030のプロフェッショナル((C)Recruit Holdings Co., Ltd. All rights reserved.)

今後、企業に求められるプロフェッショナルは、このような人たちだと私たちは考えています。

冒頭で、

Q.あなたならどちらを選ぶ?
(1) なんでもできるゼネラリスト
(2) その人しかできない分野をもつスペシャリスト

と質問しましたが、社内だけで活躍できる人材ではなく、第3、第4の選択肢がありそうです。

第3、第4の解の可能性
(3) プロデューサー
(4) テクノロジスト

あなたの会社はいかがですか? 今後、キャリアを検討する際に、自分の勤めている会社や、新たに転職しようとしている会社にプロデューサーやテクノロジストが存在するか? 自分自身がそのいずれかになれる環境があるか? これらをチェックしてみてください。

※「次世代リーダーの転職学」は金曜更新です。次回は6月30日の予定です。連載は3人が交代で執筆します。

中尾隆一郎
リクルートワークス研究所副所長・主幹研究員。リクルートで営業部門、企画部門等の責任者を歴任、リクルートテクノロジーズ社長などを経て現職。著書に「転職できる営業マンには理由がある」(東洋経済新報社)、「リクルート流仕事ができる人の原理原則」(全日出版)など。

管理職・ミドル世代の転職なら――「エグゼクティブ転職」

わずか5分の無料登録で「待つ」転職
好条件のオファーを受けませんか?

>> サービス内容を見る(登録無料)

「エグゼクティブ転職」は、日本経済新聞社グループが運営する 次世代リーダーの転職支援サイトです

NIKKEI 日経HR


今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら