通常、雨に強い素材は加工の過程で重くなってしまうことが多いが、このブリーフは職人の技術により本体約810グラムという軽量化を実現。さらに薄マチながらもしっかり自立し、使いやすさも文句ない。

オリジナル素材を用いたバッグは傷が付きにくく長持ちし、はっ水加工が施されているため雨にも強い。まるで本革製のような品のあるルックスでスーツスタイルにもマッチする。降雨が多い日本で、1年を通してストレスなく使えるビジネスバッグといえる。

「レザーブリーフはお手入れや雨天の使用が気になるというお客様に大変好評です。見た目はまるでレザーのようでビジネススタイルを崩さないデザインと質感ながら、使いやすい素材ということで、若い世代の方にも購入していただいています」(赤沼氏)

洗練された薄マチブリーフにもかかわらず、しっかり自立するので使いやすい。レザー製のような重厚な見た目なのに約810gグラムと軽量なのも魅力
バッグの素材は、クラレと共同開発したオリジナル。表面強度が強く、伸縮性がありながらも丈夫で軽量。繊維密度を天然皮革に近い組織で構成し、本革を扱うのと同じ職人の技術によって仕上げている

土屋鞄製造所/防水剤を浸透させた高機能レザーを使用

土屋鞄製造所の「プロータ 防水ジッパーソフトブリーフ」(4万8149円)

ランドセルでおなじみの土屋鞄製造所からも、防水ビジネスブリーフが発売されている。革かばんを専門とするメーカーだけに、防水ながらしなやかで、革ならではの質感が楽しめる点に注目だ。

メイン素材に「防水ファインレザー」を使用。革の表面にコーティングを施すのではなく、強力な防水剤を革の繊維にまで浸透させることで、もともと革の持つ質感をキープしたまま防水・防油性を持たせている。防水剤が繊維の奥まで染み込んでいるので、革の裏面や断面、表面に付いた傷などからも水の浸入を防ぐことができるという。

このレザーは非常にソフトでしなやか。手に吸い付くような柔らかな質感で、なおかつ軽い。丸みを帯びたフォルムも使い勝手がよく、スーツはもちろんジャケット+パンツなどビジネスカジュアルにも合う。ショルダーベルトが付属し2Wayで使用可能。本革製ならではの品格を備え、1年365日、天候もコーディネートも気にせず使えるバッグなのだ。

次のページ
ポーター/生地にはっ水加工のナイロンブリーフケース
MONO TRENDY連載記事一覧