サイボウズ、賃金テーブル捨てた! 給与どうなった?サイボウズ 青野慶久社長インタビュー(後編)

白河 他社から高いオファーをされても、サイボウズには他にはない「働き方」がある。お金だけではない優位性がありますからね。

青野 それと、自分の市場価値を意識すると、資格を取得したり、副業したり、人脈をつくったり、実績を上げようとしたりして、自分のバリューを高めようとしますよね。それぞれの社員が自立し始めるんです。ここが、すごく大事なところだと思うんです。

例えば、明日サイボウズが倒産しても、うちの社員の多くは困らないと思います(笑)。

白河 あるIT企業の社長さんから、こんな話を聞いたことがあります。1997年に山一証券が破綻した時、彼は「さぞかし優秀な人材が流れてくるだろう」と思って、ずいぶん面接をしたそうです。でも、「あなたは何をしてきましたか?」と聞くと、「私はA支店の支店長でした」としか言えなかった人が多くて、結局はほとんど採用できなかったというのです。

青野 今、問題になっている東芝でも、同じリスクがあると思います。今まで、社内のことだけしか分からない人たちが、突然転職しようと思うと、何もアピールできないでしょう。

副業は本業の「敵」ではない

白河 先ほど、副業というキーワードが出ましたが、副業OKにすることで、メリットはありましたか。

青野 当社の社員に、中村龍太という者がいまして、彼は農業を副業にしています。週のうち4日はサイボウズに勤務し、残り3日が農業で、休みがないんです。

農業をやりながら、会社でクラウドサービスの開発をやっているんです。彼はクラウドサービスを使って、効率の良い農業経営をしている。栽培から販売まで、ITを駆使しているんです。

それが、思いもよらない効果を生みました。農業とクラウドサービスを語れる人物など国内探しても彼くらいしかいないから、農業界でだんだん知名度が上がってきたんです。今、彼は農業のイベントで講演や司会などをやっています。

僕らにとっても、メリットがありました。当社のソフトが、農業法人にも売れるようになってきたんです。彼が「副業」ならぬ「複業」をしてくれたおかげで、2つの業界の間にブリッジがかかった。

すると、僕もモードが変わりますよね。みんなもっと複業しろと。「お前は不動産業に行け」とか。僕は、イノベーションってこういう感じだと思うんです。

左端が中村龍太さん。NECや日本マイクロソフトを経て、2013年にサイボウズへ転職。後に農業のNKアグリの社員として契約、リコピン人参を栽培している。青野社長をはさんで右から2人目が竹内義晴さん。新潟に住みながらサイボウズで複業。NPO法人しごとのみらい理事長。「楽しくはたらく人を増やす」が活動のテーマ。お二人が取材現場を偶然通りかかったので撮影させていただきました。右端が広報の江原なおみさん。白河さんがあとがきで紹介したように、「キャリアママインターン」で入社。サイボウズの多様性を象徴する1枚の写真(写真:吉村永)