向井理、モノは大事に ペンケース13年、マグ30年

向井理さんの新作は祖母・朋子さんの手記が原作になっている。描きたかったのはモノがなかった時代を生きた人たちの、貧しいけれど卑しくならないことの大切さだという
向井理さんの新作は祖母・朋子さんの手記が原作になっている。描きたかったのはモノがなかった時代を生きた人たちの、貧しいけれど卑しくならないことの大切さだという

2010年のNHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』でブレイクし、多くの映画やドラマに主演してきた向井理さん。バーテンダーを経て俳優になったという異色の経歴を持つ彼の、モノへのこだわりとは。そして、企画から関わった新作映画で「モノが足りない時代」を描いた理由とは。

祖母の手記を映画化。描きたかったのは家族の話

新作『いつまた、君と~何日君再来~』では、出演だけでなく、「企画」として製作にも関わった向井さん。大学時代、祖母・朋子さんの書きかけの手記を読んで感銘を受け、卒寿(90歳)に家族と自費出版してプレゼント。その本を『ゲゲゲの女房』の脚本家・山本むつみさんに託し、7年越しで映画化にこぎつけたという。

「自分が見たい映画や、演じたい役柄というのはいつも持っています。今回も、その中の一つが動いて、実現したという感じですね。

僕が見たかったのは、家族の話です。最近、家族を描いた作品が減っている気がしていて。でも僕は、そこにすごくドラマがあると思っているんです。タイムスリップしたり、記憶をなくしたりするような話ではないですけど、だからこそ、多くの人が身につまされるものがあると思う。

僕自身、実話モノの映画やドラマが好きなんです。ドキュメントも好き。フィクションは、いろいろなことが気になってしまうんですけど、実話やドキュメントは、それを取り払ってくれる。

それに実話って、その人と比較して、自分が置かれている環境を俯瞰(ふかん)で見られると思っていて。『こういう人たちが、実際にこうやって生きていたんだ』と思うと同時に、『じゃあ、自分の実話やルーツはどうなんだろう』と考えるきっかけにもなりますね。今回の映画も、見た人が自分の家族のことを顧みるような作品になればいいなと思っています」

長く使えるものを選びたい

『いつまた、君と~何日君再来~』では、向井さんの祖父母が暮らした戦後の日々が描かれる。実は向井さん自身の「モノ選び」にも祖母・朋子さんの影響があるという。

「身の回りに多いのは革のモノですね。革ジャンに、レザーバンドの時計。手帳もレザーのものを使っています。

革製品は多少、値が張っても、手入れをすれば長く使える。消耗品にならないところが好きです。僕は大学時代にある賞をもらって、教授から革のペンケースをいただいたんですけど、それはもう13年使っています。

革製品は、僕の感覚では、日々使ったほうが長持ちしますね。わざわざ油を付けて拭いたりしなくても、毎日使っていくうちに、手の脂が付いて磨かれていく。光沢も出るし、日々触っていると愛着も湧くものなので、なるべく毎日使ったほうがいいと考えています」

「祖母は3年前に亡くなりましたけど、いろいろ聞いておいてよかったなと思うところも、もっと聞いておけばよかったなと思うところもある。この映画が、そういう家族との会話の糸口にもなればいいなと思います」
MONO TRENDY連載記事一覧