社会人1年目で妊娠 子育ての経験をキャリアに生かす

日経DUAL

日経DUAL

ママの就労支援事業を展開しているLIFULL FaM(ライフル ファム)の代表、秋庭麻衣さんにインタビューします。

秋庭さんは、社内事業プランコンテストで優勝したことをきっかけに、2014年にLIFULL FaMを立ち上げ。現在は、子連れで出勤できるオフィスで、仕事をしながらwebマーケティング分野でスキルアップができる場を運営しています。自身も子育てをしながら会社を経営し、女性が働きがいを持って活躍できる社会の創造を目指しています。

秋庭麻衣 LIFULL FaM代表取締役

母を見て、頑張れば活躍できると思っていた

2人姉妹の次女として生まれた秋庭さん。小さいころから母親がバリバリ働いている環境で育ちました。

「母はもともと専業主婦だったのですが、私が小学校3年生のころに消費生活アドバイザーの資格を取得。そこから原子力などエネルギー関係について、消費者に分かりやすく伝える活動をしています。初めは企業に所属し週2~3回働いていたのですが、私が中学に上がるころからフルで働き始め、政府の委員などを歴任したり、NPO法人を立ち上げたり。専業主婦の視点を生かし、頑張って働けば活躍できる、という姿を目の前で見ていました」

母親が育児と仕事を両立する姿を見て、秋庭さんの中で仕事観が出来上がっていったそう。

「子どもが2人とも中学校から私立校に通っていたため、毎朝お弁当作り。そして、夜は7時か8時に帰宅し夕食を作り、夜中の3時くらいまで仕事や勉強。いつも睡眠時間は3時間という人で、67歳になった今でもそう(笑)。超人的な人でしたね。働くというのは、会社に行き与えられたもので働いて帰ってくるというよりも、自分でどんどん仕事を取って、活躍の場を広げていくものなのだと思っていました」

学生時代は学校に対して反発する子どもだったといいます。

「与えられたものに対して、一度反発してそしゃくしないと受け取れない人間でした。私立中学・高校に入学したので、周囲はいわゆるいい子が多かったです。なるべく外でも活動したいと考え、高校のときは東京の高校生が集まる団体で活動をしたり、大学のときも同じ年だけど既に働いている人など、様々な人が集まる交流会を主催したり。ドイツへの短期留学や、中国をバックパックで旅したこともあります」

「自分の周りにいる人だけでなく、他の環境にいる人や他の考え方を持っている人となるべく交流したい、と思っていました。自分1人だと経験できるものは限られているけれど、色々な人とつながることで自分の世界もどんどん広がっていくことを実感しました」

ベンチャー企業と出会い、人生を懸けた仕事を探す

就職活動をするときは、とにかく成長意欲が強い学生で、今振り返ると恥ずかしいといいます。

「具体的にこれがやりたい、というのはなかったのですが、やりたいものが見つかったときに、起業という手段であってもちゅうちょせずにできるような力をつけたい、と思っていました」

就職活動をしていくうちに、ベンチャー企業に興味を持つようになりました。

「最初は大企業を見ていたのですが、いまいちピンとこなくて。お話をされている社員の方を見たときに、『この人は土日に家の近所で誰かと話をするときも、○○会社の○○です、と言ってそう』と思ったんです。ものすごい生意気な学生ですよね」

注目記事
次のページ
家探しが変わるかもしれないと感じ、入社を決意