朝ドラ『ひよっこ』 有村架純の茨城弁が魅力的な理由

ただ、この調査は『ひよっこ』が放送される前に実施されていますので、いまアンケートを実施すれば、茨城県が急浮上しているかもしれません。それほど有村さんの茨城弁のセリフは魅力的です。

濁音と鼻濁音の絶妙なバランス

有村さんが演じるみね子の場合、方言そのものの親近感に加え、濁音と鼻濁音のバランスが絶妙です。

本来、茨城弁に多い「だ」や「ご」などの濁音には語気の強さが出てしまい、ゴツゴツした男性的な話し方の印象になりがちです。有村さんの発する濁音にはやわらかさが混じり、女性的なやさしい茨城弁になっています。

一方で、鼻濁音の発声も、とてもしなやかです。鼻濁音とは濁音(ガギグゲゴ)の子音を発音する時に、鼻に音を抜く発音のことを言い、日本語をより美しく発音する際に用いられ、アナウンサーなどプロの話し手は皆がこの鼻濁音をマスターしています。ガ行を発声する時に「ンガ、ンギ、ング、ンゲ、ンゴ」とすると、誰でも鼻濁音を出すことができます。

有村さんのセリフ運びを注意深く聞いていると、やわらかくやさしくも明瞭な発声によって、濁音の多い茨城弁の強さが上手に緩和されています。そこに美しい日本語を象徴する鼻濁音が加わることで、かわいらしさが増しているのです。

この鼻濁音は、東日本の方言に多く含まれています。『ひよっこ』ではみね子が高校を卒業後、向島電機という会社に就職します。会社の寮に住む若い女性たちの言葉も東日本の方言のオンパレードでした。みね子と同じ部屋には、青森、秋田、山形、福島の東北出身の友人たちが寝食を共にし、いつも鼻濁音たっぷりの方言の会話が交わされ、彼女たちの方言のシーンに、毎朝癒やされていました。有村さんの茨城弁を始め、乙女たちの方言のやわらかくやさしい音の響きは、とても心地よいのです。

女性であればマスターしたい発声法

鼻濁音は日本語ならではの美しい響きを持つ音ですので、ぜひとも好感度アップに向けてマスターしておきたい発声です。標準語を話す場合でも、鼻濁音を取り入れれば、ソフトな印象をつくることができます。

なかなか、実生活で私たちが鼻濁音を意識して発声することは難しいかもしれません、そうした場合でも、語尾後の助詞「が」だけでも鼻濁音にしてみると効果があります。

例えば、「こちらの資料をご覧いただきたいのですが……」のようなケースです。ここで最後の「が」が強いと、主張と気の強さが強調されてしまいますが、鼻濁音を用いることでだいぶソフトな印象となり、場の空気も和みやすくなります。

うまく身につけてビジネスシーンでも活用すれば、しなやかでソフトな印象を作ることができるのではないでしょうか。

『ひよっこ』をご覧の方は、そんなことも頭の片隅に置きながら、有村さんが演じるみね子の方言をお楽しみください。

私も慌ただしい朝、有村さんの愛らしい笑顔とやわらかい茨城弁の響きを一服の清涼剤にし、ひき続き毎日のお仕事に励みたいと思います。

鈴木ともみ
経済キャスター、ファイナンシャルプランナー。日本記者クラブ会員。多様性キャリア研究所副所長。TV、ラジオ、各種シンポジウムへの出演の他、雑誌やWeb(ニュースサイト)にてコラムを連載。主な著書に『デフレ脳からインフレ脳へ』(集英社刊)。株式市況番組『東京マーケットワイド』(東京MX・三重TV・ストックボイス)キャスターとしても活動中。
注目記事