竜星涼 いつかは買いたい、数百万円の巨大本

「自分をひとつの表現者というカテゴリーにするならば、雑誌からとてもいい刺激をもらえてるんだろうなあって思います」
「自分をひとつの表現者というカテゴリーにするならば、雑誌からとてもいい刺激をもらえてるんだろうなあって思います」

2017年春、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」とTBS日曜劇場「小さな巨人」という2つの高視聴率ドラマで好演を見せ、一躍脚光を浴びている竜星涼(りゅうせい・りょう)さん。6月10日には映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』の公開も始まる。現在24歳、デジタル世代の竜星涼さんが熱く語ったのは、アナログの「雑誌」や「写真集」だった。

本や雑誌を見るのが好き

「僕は、雑誌が好きなんですよ。もともとファッションが好きなので、一番見るのはファッション誌。『VOGUE』や『Numero』は日本版だけでなく、海外版も見ますし、関連する写真家の写真集も買うことがあります。

アナログの本は、紙質で、インクの発色が違うところなどが面白い。本の匂いも好きです。あと、大きな判型の雑誌は、その大きさでちゃんと見る良さっていうのがあるんですよね。そういう臨場感は、デジタルな液晶の画面では伝わってこない。

「『VOGUE』『Vanity Fair』などの雑誌を手がけてきたマリオ・テスティーノの写真が好きです。色の使い方や出し方が好きだなあと思います」

それから僕は、ものを集めるのが好きなのかもしれません。撮られるのが仕事だし、撮る方も好きなんですけど、何より、完成した雑誌や本を見るのが好き。囲まれているとホッとするので、部屋にはいっぱいありすぎて、床が抜けるんじゃないかっていうぐらいになってます(笑)。

でもその雑誌が、仕事に役に立つこともけっこうあるんですよ。例えば取材で写真を撮られるときに、『こういう光のあて方をすると、きっとあの写真のような雰囲気になるんだろうな』と想像できる。『だったら、こういうポーズをしてみよう』と考えて工夫できる。

役者としての役作りにも生きています。演技の基本は、まねだと思うんです。モデルとする人や、ほかの人の芝居にインスピレーションを受けて、まねる。でもそこで、そのまままねるのではなく、『これとこれを重ねてみよう』というふうに、かけ算や足し算をすると、自分の個性になっていく。そこで、どれだけ自分が情報を持っているか。引き出しの多さが、演技の幅につながると思いますね。

MONO TRENDY連載記事一覧