エンタメ!

エンタウオッチング

HKT指原が連覇 NMB山本、乃木坂の白石も上昇 タレントパワーランキング2017女子アイドル編

日経エンタテインメント!

2017/6/15

 2017年版女子アイドルのタレントパワーは、指原莉乃が2年連続1位の座に。山本彩がジャンプアップして後を追う。乃木坂46のメンバーの多くが順位を上げるなか、白石麻衣が生駒里奈を抜きグループで最上位の6位となった。

 日経エンタテインメント!が発表している「タレントパワーランキング」は、アーキテクトが3カ月に1度実施している、タレントの「認知度(顔と名前を知っている)」と「関心度(見たい・聴きたい・知りたい)」の調査を基に、2つのデータを掛け合わせて「タレントパワースコア」を算出、ランキング化したものだ。(調査の詳細は総合編の「タレントパワー、マツコが連覇 新垣、星野が急浮上」をご覧ください)

スコアは小数点第2位で四捨五入。順位は第2位以下も含めてつけた。右下の「女性グループTOP15」も同様

 女子アイドル個人の1位は、2年連続でHKT48の指原莉乃。『今夜くらべてみました』(日テレ系)などバラエティ番組でのソロレギュラーMCが増加。幅広い層の目に触れる機会が多くなり、スコアを伸ばした。16年のディナーショーでの客層の年齢の高さが話題になったが、タレントパワーでも50代、60代でのスコアの高さが女子アイドルでは際立つ。彼女に注目するのは30代男性が最も多く、次いで50代男性となった。

 2位はNMB48の山本彩。16年末の『NHK紅白歌合戦』に出場するAKB48の選抜メンバーを一般投票で選出する「夢の紅白選抜」で1位となった。この投票は、選抜総選挙とは異なり1人1票しか投票できず、ファンの「総数」では山本がトップであることを示した。NMB48に所属しながら、ソロアルバムをリリースし、シンガーソングライターの夢へ歩みを進める姿が10代、20代中心に支持を集め、16年の6位から上昇した。

■白石麻衣が乃木坂46の顔に

 ももいろクローバーZからは、NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』で女優として活躍した、百田夏菜子が16年より順位を1つ上げて4位にランクインしている。

 乃木坂46は多くのメンバーがランクアップ。16年までは、生駒里奈がグループの最上位だったが、17年は2月に発売したソロ写真集『パスポート』が累計発行20万部を超えた白石麻衣が6位と、グループの顔となった。

 グループのランキングでは、16年4月にデビューした欅坂46が6位。初ランクインにして、NMB48やHKT48などAKB48の各姉妹グループを上回った。個人ではデビューから4作連続でセンターを務める平手友梨奈が21位に。

 17年4月にデビューした新潟に専用劇場を構えるNGT48は15位に初登場。今後は個人人気が高いメンバーが育っていくことが、ランクアップにつながるだろう。

(ライター 高倉文紀)

[日経エンタテインメント! 2017年6月号の記事を再構成]

エンタメ!新着記事

ALL CHANNEL