powered by 大人のレストランガイド

せんべいとおかき、あられ いったい何が違うのか?せんべい(5)

PIXTA
PIXTA

同人の皆さんのメールを紹介する前に、ご質問にお答えする意味も含めて少しお勉強しておきたい。せんべいとは何か。せんべいとおかき、あられはどう違うのかなどなど。

参考文献は石毛直道著『ニッポンの食卓』、清水圭一編『たべもの語源辞典』、岡田哲編『たべもの起源事典』である。

まず、日本の文献に「煎餅(せんべい)」という文字が出現するのは奈良時代。中国から伝わった。中国で煎餅(ジェンビン)は小麦粉を薄くのばして焼いた食べ物を指し「餅」は小麦粉食品のこと。従って日本に伝わった煎餅は小麦粉を使ったものだった。亀甲せんべいがそれであるという。

亀甲せんべい=PIXA

1712年に出た『和漢三才図絵』に出てくる製法は小麦粉に糖密を加えて練り、それを蒸して平たくのばす。適当な大きさにまとめ鉄の「皿範(かたち)」であぶる、とある。このころまでは、せんべいは小麦粉食品という本来の形を守っている。

ところが文化・文政(1804~29)期に江戸で日本人の創作による米を使った丸形の塩せんべいが流行し、江戸っ子はこちらの方を「せんべい」と呼ぶようになった。

一方関西では依然として小麦粉せんべいがせんべいであり、米せんべいを「おかき」とか「かきもち」と呼んで区別した。

おかき=PIXTA

現在の米せんべいはしょうゆで味付けするようになって商品化されたが、もともとは農家のくず米などを使った自家消費用であったらしい。

米せんべいが普及した時期については定説はないようで、石毛氏は「首都が東京に移ってからではないか」と書いている。

まとめると、中国から伝わった煎餅は小麦粉製品。日本の初期のせんべいも小麦粉を用いたものだった。江戸の終わりか明治にかけて関東でうるち米やもち米でつくる米せんべいが出現し主流になる。

瓦せんべい=PIXTA

しかし、関西は小麦粉路線を守ったので、現在の日本には米系と小麦粉系のせんべいが併存する。東の米、西の小麦粉である。

おかき、かきもちは米せんべいを指す関西の言葉であった。

では、おかきとあられはどう違うのか。『たべもの起源事典』で「あられ」を引くと「あられもちの略。かきもち・おかきともいう」とあるので、呼び方が異なるだけで同じ物ということになる。流通している商品を見ても明確な区別はつかないのである。

あられ=PIXTA

印象で言えば、おかき・かきもちはせんべいより小さく、あられはさらに小型で粒状に近い。

私は調べてみるまで、せんべいについて何も知らなかった。そういうことだったのね。日野さん、こんなところなんですが。

で、あられ、それもひなあられ。

ひなあられ=PIXTA
ご意見 東京の「ひなあられ」に入っているピンクやミントグリーンで着色された甘いぽんせん粒は、飛鳥から平安期くらいまでの間、屋外で食べるお弁当の基本だった「干飯」の変化形です。
まず暦の関係で3月のはじめの巳の日に「厄除け」祈願として、川で禊(みそぎ)をしたのが上巳(じょうし)の節句。それが変化し、中国で3月初めに生まれた女の子が生後まもなく死んでしまう例が相次いだため、中国故事の「桃源郷」にあるように不老長寿・魔除け作用のある桃を飾ることで女の子の無事な成長を祈った「桃の節句」。
この二つが合体して、平安時代に女の子が遊んだ紙人形=「ひいな」を「ひとがた」として、穢れや厄を封じ込めて川に流すようになったのが雛祭りのはじまり。
どれも、屋外で行う行事だったことから、当時は「干飯」が食されていたらしい。現在の関東地区のひなあられは、この干飯がルーツになっていると考えられています。
これに対して、関西の小粒の硬いしょうゆ味や塩味がバラエティー豊かに入ったひなあられですが、関西地区のスーパーでよく見掛けるあられメーカー「と○すあられ」によると、「関西ではいろんな種類のあられが入っていた方がよく売れるからこうなった」らしい、という話を聞いたことがあります(西荻の怒髪天娘さん)
メールマガジン登録
大人のレストランガイド