エンタメ!

エンタウオッチング

1位は6年連続で嵐、2位TOKIO 宇多田トップ10入り タレントパワーランキング2017音楽編

日経エンタテインメント!

2017/6/22

 2017年版音楽編のタレントパワーランキングは、1位が6年連続となる嵐。TOKIOが初の2位となった。トップ10には、16年に大活躍した宇多田ヒカルとピコ太郎が新たにランクインした。

 日経エンタテインメント!が発表している「タレントパワーランキング」は、アーキテクトが3カ月に1度実施している、タレントの「認知度(顔と名前を知っている)」と「関心度(見たい・聴きたい・知りたい)」の調査を基に、2つのデータを掛け合わせて「タレントパワースコア」を算出、ランキング化したものだ。(調査の詳細は総合編の「タレントパワー、マツコが連覇 新垣、星野が急浮上」をご覧ください)

スコアは小数点第2位で四捨五入。順位は第2位以下も含めてつけた

 1位の嵐は16年発売のアルバム『Are You Happy?』が79万枚を突破し(サウンドスキャン4月16日付け、以下同)、17年2月の「日本ゴールドディスク大賞」で「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」に3年連続で輝いた。個人でも松本潤主演の『99.9‐刑事専門弁護士‐』は平均視聴率で年間ドラマ1位を記録し、相葉雅紀は『NHK紅白歌合戦』で単独司会を務めるなど、全方位型の活躍を見せた。

 2位はTOKIO。16年リリースの2枚のシングルは共にメンバー出演の連ドラ主題歌に。『fragile』は長瀬智也主演の『フラジャイル』、『愛! wanna be with you…』は松岡昌宏主演の『家政夫のミタゾノ』に採用された。メンバーが体当たりで挑むバラエティー番組『ザ!鉄腕!DASH!!』(日テレ系)も好調で、17年で22年目を迎える。

 3位のサザンオールスターズは16年はグループとしての動きはなかったものの、桑田佳祐(5位)が『ヨシ子さん』『君への手紙』と2枚のシングルを発売。年末には4年ぶりの年越しライブを横浜アリーナで4日間行うなど、精力的に活動した1年となった。

 トップ10(11組)のうち8組が16年と同じ顔ぶれとなるなか、順位を5つ上げたのが安室奈美恵(10位)。16年はNHKのリオ五輪のテーマソング『Hero』を手掛け、自身最多の全100公演約26万人を動員する全国ツアーを行った。

 16年の調査対象外からトップ10入りしたのが、4位の宇多田ヒカルと9位のピコ太郎(古坂大魔王)。宇多田は10年より「人間活動に専念するため」活動休止状態だったが、16年9月にアルバム『Fantôme』を発売。通常盤1種類のみの形態では異例の65万枚突破のヒットとなっている。再婚、出産を経て、よりパーソナルな歌詞を歌うようになった彼女は、女性のスコアが高いのも特徴だ。

エンタメ!新着記事

ALL CHANNEL